「自分は大丈夫」は禁物!骨折防止に今すぐできる在宅トレーニング

  • 作成:2021/09/11

ワクチン接種が進んできているものの、収束の兆しがなかなか見えないコロナ禍。行動や生活が変わった結果、間接的にさまざまな面で健康を害する人が増えています。骨や腱、筋肉など、整形外科が担当する領域の病気にも変化が起きており、特に高齢者の骨折には注意が必要です。 骨折予防のためにどんなことができるのか、またどんなタイミングで受診すればいいのかを独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院 整形外科主任部長の島田幸造先生に教えていただきました。(取材日:2021年7月20日)

この記事の目安時間は3分です

「自分は大丈夫」は禁物!骨折防止に今すぐできる在宅トレーニング

骨の強度と運動機能の低下度をチェック

前回は、コロナ禍で高齢者が骨折に至る背景が変化したことについて解説しました。今回は、骨折を予防するためにどんなことができるか、説明していきましょう。

前回記事:「健康寿命を大きく左右」コロナ禍、水面下で進む「骨」のリスク

まずは、自分が骨折のリスクが高いかどうかを知るために、一度検査を受けることをおすすめしています。
骨密度検査や血液検査、尿検査によって、骨のターンオーバー(一定の周期で生まれ変わる仕組み)を調べ、骨からカルシウムが多く抜けている場合はそれを止める薬を飲んで骨の強度を保ち、折れにくい骨を作ることに繋げます。

薬を飲んでいても骨の状態が悪くなることもあり、検査をしていれば薬を変えることもできますので、健康診断のように定期的に検査を受けるのがおすすめです。かかりつけ医やお近くの整形外科で相談してみてください。

骨の強さに加えて、運動機能がどれくらい低下しているのかも調べてみましょう。日本整形外科学会が制作した、ロコモオンラインというサイトに、運動機能がどの程度低下しているのかをチェックできる、「ロコモ度チェック」というページがあります。

ロコモ度チェック

このページに掲載されている「立ち上がりテスト」「2ステップテスト」「ロコモ25」というテストを実施することで、運動機能の低下度合を調べることができます。
なお、立ち上がりテストや2ステップテストの際は無理をせず、介助者がいる状態で行うようにしてください。

運動機能の維持・改善につながる簡単トレーニング

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1447文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師