死亡率が高い“くも膜下出血” 前触れはある?確認しておきたいリスクと予防

  • 作成:2021/09/19

脳の血管が破れたり詰まったりして起こる病気を総称して、脳卒中といいます。くも膜下出血は、脳の血管が破れて起こるもので、ほぼ半数は血管が破裂した段階で死に至ります。命が救われても、その半数以上に障害が残るという報告もある注意したい病気です。

この記事の目安時間は3分です

死亡率が高い“くも膜下出血”前触れはある?確認しておきたいリスクと予防

自覚症状なく突然発症するケースが多い

人の頭は、頭皮の下に頭蓋骨、その下に硬膜・くも膜・軟膜の3層の膜でおおわれ、最も重要な脳を守っています。
くも膜下出血は、およそ9割が脳動脈にできたコブ、動脈瘤が破裂することが原因とされています。動脈瘤ができたとしても、コブ自体に自覚症状は現れないため、突然発症するケースが多いのです。コブは血管の分岐する部分にできやすく、数ミリ程度から数センチにまで及ぶものもあり、出血量や出血した場所によって症状は異なります。
このコブができる原因は詳しくはわかっていませんが、先天的な要素や高血圧、喫煙、多量の飲酒、ストレスなどがあげられています。

脳を包む頭蓋内の仕組み

死亡率が高い“くも膜下出血”前触れはある?確認しておきたいリスクと予防

くも膜下出血に前触れはないの?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1502文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師