41歳でがんになった女性医師…目に涙を溜めて見つめる子どもを「抱きしめるのが精一杯でした」

  • 作成:2021/11/14

もしも自分ががんになった時、真っ先に気になることの1つが「家族になんて言おう?」ではないでしょうか。闘病生活で家族に迷惑をかけないか、万が一の時、家族はどうなるのか…そんな思いに包まれるかもしれません。医師の田所園子先生は、41歳で子宮がんが見つかりました。当時、3人のこどもはまだ小学生。がんと診断された時の家族の様子を、振り返っていただきました。

この記事の目安時間は3分です

41歳でがんになった女性医師…目に涙を溜めて見つめる子どもを「抱きしめるのが精一杯でした」

医師の夫も「家族」の立場になって悩んだ

医師としてがんの患者さんに接していると、多くは「頭が真っ白になり、先生が話した内容を覚えていない」「説明を聞いたけれど、よくわからなかった」と言います。家族は「第二の患者」と言われるように、患者さんと同じように説明を聞き、悩み、選択していく中で、患者さんと同じように不安や苦痛を感じます。

私の場合は夫も医師で、がんの診断や告知、治療をする側の立場です。でも、私に子宮頸がんが見つかり、診察に同行するときには「家族」でした。夫は落ち着いて話を聞くことはできましたが、動揺したり衝撃を受けて苦しんだり悲しんだりするのは同じでした。
私は自分ばかりが辛い、苦しいと思っていたので夫をいたわる余裕はなく、優しい言葉さえもかけてあげられませんでした。治療が終わって徐々に体調が戻り、日常生活が送れるようになってからそのことに気が付きました。

当時、子ども達は小学6年生、4年生、2年生だったので、すぐにはがんのことを話しませんでした。自分の病気が原因で小さな子どもたちの生活を変えたくなかったのです。
それに、がんと診断されてからも幸い自覚症状は何もなく、体調も問題なかったので、いつも通りに仕事や家事をすることができました。一緒に住んでいる家族は、私ががんになった後も変わらない生活をしてくれました。いつものように通勤・通学し、いつものように食事をして、いつものように眠る。それは私が一番望んでいたことです。家族と過ごす時にはなるべく病気の話をしないようにしました。

家族の思いはありがたいが、平静を装う自分が苦しかった

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2085文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師