陰部にブツブツ、発熱も…「性器ヘルペス」は、何度も再発を繰り返すやっかいな感染症!

  • 作成:2021/12/01

誰でもかかる可能性がある「性感染症」について、産婦人科医の宋美玄先生が解説する連載をお届けしています。第3回は「性器ヘルペス」。ヘルペスと言えば、口の周りにできる「口唇ヘルペス」のイメージが強いかもしれませんが、性器にできるものもあります。しかも、治ったかのように見えて、再発を繰り返すやっかいな性感染症だと言います。

この記事の目安時間は3分です

陰部にブツブツ、発熱も…「性器ヘルペス」は、何度も再発を繰り返すやっかいな感染症!

オーラルセックスで感染するケースが増加中!

こんにちは、産婦人科医の宋美玄です。

性器ヘルペスウイルス感染症(以下性器ヘルペス)は、「単純ヘルペスウイルス」(HSV)という病原体による感染症です。ウイルスが存在しているのは主に性器やお尻、口。このウイルスを持つパートナーと性的な接触をすることで感染します。セックスによる性器から性器への感染だけでなく、オーラルセックス(口腔性交)で口から性器、あるいは性器から口へ、キスで口から口へ感染するケースも増えています

性器ヘルペスを初めて発症したときの症状は、とにかく痛いこと! 感染してから2~10日間の潜伏期間を経て赤いぽつぽつや水ぶくれが現れ、3~5日ほど経つと破れてただれ、激しく痛みます。外陰部だけでなく子宮頸管や肛門にまで感染が広がることも。さらに脚の付け根のリンパ節が腫れて歩けないほどの痛みや熱が出たり、尿が出にくくなったりすることもあります。

こうした症状は2~3週間後には自然におさまりますが、

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1649文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師