「スマホ育児」への刺さるような視線…そこに医学的根拠はあるの?

  • 作成:2021/12/27

電車で騒ぐ子どもにスマートフォンを見せて興味をひいた、授乳中にスマホで育児情報を調べた、SNSを見て息抜きをした……。毎日の子育てに、スマホが役立っている人は多いのではないでしょうか。一方で、そうした親の姿を好ましくないという意見も。この隔たりの背景には何があるのでしょうか? 小児科医・森戸やすみ先生に解説していただきました。

この記事の目安時間は3分です

「スマホ育児」への刺さるような視線…そこに医学的根拠はあるの?

「目を合わせて授乳しないと愛情不足」は医学的根拠がない

「スマホ育児」という言葉がありますね。子ども連れでスマホを見ていたり、子どもがスマホを使っていたりすることをスマホ育児と呼び、批判するのに使われます。

「スマホ育児」への刺さるような視線…そこに医学的根拠はあるの?

日本小児科医会のポスター

「授乳中は赤ちゃんの目を見ながら」などと言われますが、実際に授乳をしたことのある人ならわかるように、赤ちゃんが親の目を見て飲むことは稀です。横を向いていたり目を閉じていたりします。そして、特に母乳をあげているときに赤ちゃんと目を合わせようとすると、とても苦痛な姿勢になり難しいです。目を合わせて授乳をしないと愛情が育たないというのは、医学的根拠がありません。

赤ちゃんが泣いているときにスマホで音楽を聞かせたり、アプリの画面を見せたりして泣き止むことがあるかもしれませんが、それで育ちが歪むことはないでしょう。親子が同じものに向き合って過ごすのは大事な経験ですが、それは絵本でもテレビでもスマホのアプリでも同じでしょう。語りかけながら目を見合わせる、なにか言ったら返事をするということで、子どもは承認され愛されていることを感じるのは、スマホであっても同じです。

子どもの安全に気を配るのは親の努めですが、スマホを一瞬も見てはいけないということではないし、スマホに限らず以前から親御さんが待合室で新聞や週刊誌を読んで目を離していて、お子さんが椅子から落ちるということはありました。スマホだから特に危険だということはありません。

世界人口の半数以上がネットを使うのにスマホ批判?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1445文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師