治療期間を「苦しい」だけにしない、がん患者さんとご家族のコミュニティ「Club CaNoW」スタート!

  • 作成:2022/05/21

治療期間をより自分らしく、生き生きと過ごすために――がん患者さんやご家族を継続的にサポートするコミュティサイト「Club CaNoW」(クラブ カナウ)https://clubcanow.com/ がプレリリースされました(運営:エムスリー株式会社)。現在、無料会員を募集しています。

この記事の目安時間は3分です

治療期間を「苦しい」だけにしない、がん患者さんとご家族のコミュニティ「Club CaNoW」スタート!

がんの治療期間は、先々に不安を感じたり、医療情報の収集に時間をとられたりする方は少なくありません。自分の好きなことや、新しいことに目を向ける気持ちになれないという方もいます。「Club CaNoW」は、そうした治療期間を「苦しい」だけにしないために、3つの観点からサポート。エビデンスに基づく医療知識の提供と、不安の軽減、そして治療期間中の楽しみを提供します。

  • 医療知識サポート(専門医による医療セミナー)
  • 不安軽減サポート(看護師によるカウンセリング、医師へのQ&A)
  • 楽しみサポート(生活を楽しむイベント)

今回のプレリリースを記念して、無料セミナーとイベントが開催されます。
5月27日(金)18:00~19:00はオンラインセミナー「多様化するがん治療 あなたのがんはタイプ?」。東北大学病院腫瘍内科長の石岡千加史先生と、一般社団法人がんと働く応援団・副理事長の野北まどかさんが、がんゲノム治療についてお話しします。がんと遺伝子の関係から、がんゲノム医療による個別化治療の展望、普段はあまり聞けないゲノム医療の素朴な疑問への回答など、充実した時間をお届けします。

治療期間を「苦しい」だけにしない、がん患者さんとご家族のコミュニティ「Club CaNoW」スタート!

また、6月4日(土)11:30~12:30は、オンラインお話会「一緒に考えよう!”治ってから”ではなく”今から”できること」を開催。がんの治療期間中は苦しさばかりが強く感じられがちですが、決して空白期間ではなく人生の大切な時間の一部です。今回のイベントで、今の自分との向き合い方や、自分にとっての「楽しみ」について一緒に考えましょう。押川勝太郎先生(宮崎善仁会病院 腫瘍内科医)と、磯野真穂先生(医療人類学者)、吉田ゆりさん(がんと働く応援団代表理事)が、治ってからではなく”今から“できる楽しみについて話し合います。

治療期間を「苦しい」だけにしない、がん患者さんとご家族のコミュニティ「Club CaNoW」スタート!

また、Club CaNoWは今後、より充実した有償会員プランを提供予定です。
看護師によるカウンセリングや、医師によるQ&Aサービス。さらに、がん患者さんやご家族だけでは叶えることが難しい夢を、Club CaNoWが個別にサポートする有償サービスも用意しました。例えば、家族みんなで旅行に行きたい、元気だった頃の趣味に再挑戦したい……そうした願いを、医療機関や地域と連携しながら叶えます。患者さんの夢を、病気が治ってからではなく「今から」実現できるように支えるサービスです。

まずは、無料会員に登録の上、ぜひセミナーやイベントにご参加ください。Club CaNoWは、がんの治療と生きる楽しみを両立させ、より人生を輝かせるお手伝いをします。

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

その他
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師