ADHDって何?

ADHDとは、忘れ物やミスが多い「不注意」、落ち着きのない「多動性」、待つことが難しくすぐに実行してしまう「衝動性」の3つの症状を特徴とする精神疾患です。

ADHDは子どもに限られた疾患ではなく、大人でも約2.5%がADHDだと報告されています。