NO IMAGE

ワンアルファ錠0.5μg

帝人ファーマ
NO IMAGE

肝臓で活性型のビタミンD3となり、腸管および骨などに作用し、腸管からのカルシウム吸収促進作用、骨塩溶解作用、骨形成作用などを示し ... 続きを見る ます。通常、慢性腎不全、副甲状腺機能低下症、ビタミンD抵抗性クル病・骨軟化症におけるビタミンD代謝異常に伴う諸症状(低カルシウム血症、テタニー、骨痛、骨病変など)の改善や、骨粗鬆症の治療に用いられます。

製品一覧

  • 0.25μg1錠
  • 0.5μg1錠
  • 1μg1錠

関連するQ&A

Q

ジスロマックとタケプロンODとの飲み合わせ。

person 70代以上/女性 -

母の事なんですが、元々糖尿病で昨年狭心症で冠動脈のバイパス手術とステント挿入を実施してます。 今度歯周病内科で治療することになりました。 最初に抗生物質のアジスロマックを飲むのですが歯科の説明文に「胃腸薬(制酸剤)と同時に飲むとこの薬の吸収が悪くなるかもしれません。」と書かれています。 しかし母は、胃薬としてタケプロンOD錠15を1日1錠服用してます。 1.タケプロンODは、ジスロマックの吸収を阻害する薬剤に相当しますでしょうか? 2.もし吸収を阻害するとした場合同時に服用しなければ大丈夫でしょうか?  例えば「タケプロンが朝食後服用であればジスロマックは、昼または、夕食後にする。」とか。 3.ジスロマック服用期間はタケプロンは服用しない方がよいでしょうか? ジスロマックは3日間1日1回2錠のみ効果は大体7~10日位だそうです。 例えば「ジスロマック服用中の3日間は、タケプロンはやめる。」とか または「ジスロマックを服用する何日か前からタケプロンをやめてジスロマック効能期間10日を過ぎてからタケプロンを再開する。」とか。 4.その他にバイアスピリン錠100mg、リピトール錠10mg、ワンアルファ錠1.0μg、メインテート錠2.5mg、アダラートCR錠20mg、以上を1日1錠 シグマート錠5mg、セイブル錠50mgを1日3錠 エクア錠50mgを1日2錠 セルタッチパップ(湿布薬)随時 を服用しています。 これらで特に注意することがあればご教示下さい。 尚、当人はアレルギー等今まで服薬に関しての問題はありません。 ご多忙のところ申し訳御座いませんがよろしくお願い申し上げます。 (70代以上/女性)

12名が回答 検査・薬
Q

抑肝散と偽アルドステロン症(高齢,体重30kg)

person 70代以上/女性 -

処方された薬のことでお尋ねいたします。 母(85歳、身長141cm、体重30kg)が「認知症外来」で以下の薬を処方されました。 「ツムラ抑肝散エキス顆粒(毎食前1包(2.5g)服用)、ベルソムラ錠15mg(就寝前1錠服用) 2週間分」 抑肝散の副作用として、医師が書かれている複数のサイトに「偽アルドステロン症が起こることがある。高齢女性、低体重者が生じやすい。使用量、使用タイミングを考慮することが望ましい。」とありました。医師に前述の副作用の可能性を話し、少ない量から始めたいと思うのですが、医師のお考えもあろうと思い、どのような話し方をすれば良いでしょうか? 尚、30点満点の認知症テスト(医師と母との問答)では、3点でした。頭部CT撮影結果では、海馬及び脳全体の萎縮が進んでいる、とのことでした。(MRIは30-40分仰向け維持は母にとって難しい為行っていません)医師はアルツハイマー型の症状に近いとの見解でした。母の症状としては、幻視(1種類)、妄想、食事やトイレを済ませたことを忘れる。昼夜の頻尿。便秘。時計の時刻を読めないことがよくある。などです。足が悪く終日ソファで横になっています。尚、別の内科の医院にてバルサルタン錠80mg「サワイ」朝食後1錠、ピタバスタチンCa・OD錠10mg「サワイ」朝食後1錠、ランソプラゾールOD錠15mg「武田テバ」朝食後1錠、別の整形外科の医院にてプロマック顆粒15%朝食後0.5g服用、プレドニゾロン錠2.5mg「NP」朝食後1錠、ワンアルファ錠0.5㎍朝夕食後1錠、ブレディニン錠50mg朝夕食後1錠、フェロミア錠50mg昼食後1錠、フォサマック錠35mg金曜起床時1錠を長年服用しています。これらの服用薬のことは事前に医師に伝えておりました。多種の薬の服用になりますが相互作用面は問題ないでしょうか?よろしくお願いします。 (70代以上/女性)

7名が回答 検査・薬

このお薬の分類

薬効分類
ビタミンA及びD剤
メーカー
帝人ファーマ