NO IMAGE

トラムセット配合錠

ヤンセンファーマ
NO IMAGE

中枢神経系に作用し、鎮痛作用を示します。通常、非オピオイド鎮痛剤で治療困難な非がん性慢性疼痛、抜歯後の疼痛の治療に用いられます。

製品一覧

  • 1錠

関連するQ&A

Q

めまい、ふらつきを伴う突発性難聴の治療と予後

70代以上/男性

76歳男性です。4月2日朝、覚醒時に右耳にプッツン音がして目を開けると強いめまいがした。気がつくと左耳の聴力が失われていた。起き上がると体がふらつき歩行も困難になった。すぐに近所の耳鼻科を受診し、突発性難聴と外リンパ瘻の疑いで総合病院耳鼻咽喉科を紹介され、午後に緊急入院、ステロイドと血管拡張薬の点滴、ビタミン剤や循環改善薬の内服治療を開始し、8日間の入院治療を終えて4月9日に退院しました。医師の説明は、眼振が刺激性眼振で外リンパ瘻の典型的所見ではないこと、めまいは体動時に生じ眼振の方向が変化することから頭位性めまいであるとのこと。めまいは数日で改善し立位や捉まり歩きが可能となったことから退院し、内服治療を継続しています。 その後左耳の聴力にあまり変化はなく、めまいはないものの体のふらつきはまだ残っています。また両耳の耳閉感はかなり強く、ステレオスピーカーで音楽を聴いても右耳はイヤフォンで聞いているようなくぐもり感があります。 次の外来は16日ですが、これまでのところで治療に関するアドバイスを頂ければと思います。なお私には持病が多く、特発性間質性肺炎で昨年7月にステロイドのパルス治療を受け、現在プレドニゾロン4mg/日まで減薬中のほか、脊柱管狭窄症で鎮痛薬トラムセット配合錠3錠/日、リリカOD錠(25mg+75mg)3錠/日、血流改善薬リマプロストアルファデクス錠5μg3錠/日を服用しています。 (70代以上/男性)

4名が回答 眼科・耳鼻科
Q

脊柱管狭窄症に対する薬物療法について

50代/男性

最近、整形外科で脊柱管狭窄症と診断されて薬で対処しています。症状としては、背骨の4番と5番がずれていてまっすぐになってなくて、その影響で腰が前に曲げられず、両足の後ろ側全体にしびれが発生していました。しかし、次の薬を服用することで曲げられなかった腰の痛みや足のしびれが改善しました。ただし、薬を中断すると、やや足のしびれが出たのでまた服用を続けています。それ以外に、不整脈で心臓にICDを装着していて次の薬も服用しています。したがって1回の服用薬は相当な数です。このようにたくさんの薬を服用して本当に大丈夫なのでしょうか。また、狭窄症が薬で根本的には治るとは思えないし、痛みがとれたとして、服用を中止すればまた同じことになるのではないかと素人考えでは思います。結局、手術しかないのではないでしょうか?(狭窄症で服用の薬)●ハイペン錠200mg 2錠(1日2回で1回1錠)●ミオナール錠50mg 2錠(1日2回で1回1錠)●マーズレンS配合顆粒1g(1日2回で1回0.5g)●トラムセット配合錠 4錠(1日4回で1回1錠)(不整脈などの薬)●メバロチン10 10mg(1日1錠)(高脂血症治療薬)●アンカロン錠100 100mg(1日2回で1回1錠)(不整脈治療薬)●メインテート錠2.5mg(1日2回で1回1錠)(高血圧・不整脈治療薬)●ディオバン錠40mg(1日2回で1回2錠)(血圧降下剤)●ソタコール錠40mg(1日2回で1回1錠) よろしくお願いします。 (50代/男性)

3名が回答 心臓・高血圧

このお薬の分類

薬効分類
解熱鎮痛消炎剤
メーカー
ヤンセンファーマ