NO IMAGE

ミカトリオ配合錠

日本ベーリンガーインゲルハイム
NO IMAGE

アンジオテンシン受容体遮断薬、カルシウム拮抗薬およびチアジド系の利尿薬の合剤で、血管平滑筋のアンジオテンシンIIの血管収縮作用を ... 続きを見る 抑えて血圧を下げるとともに、細胞内へのCaイオンの流入を減少させて血管平滑筋を弛緩させ、また腎臓でナトリウムや水分の再吸収を抑えて尿の量を増やすことで、血圧を下げます。通常、高血圧症の治療に用いられます。

製品一覧

  • 1錠

関連するQ&A

Q

薬疹診断から2日経過、発疹が広がってます

person 40代/女性 -

12月26日に左腹あたりに痛痒い乾燥なような感じ、 27日朝に多少の赤みがあり、夜に赤みの範囲が脇、上下に広がっていたため、 28日朝に皮膚科に通院。ネオマレルミンTR錠6mg(7日分一日2回)、アンテベート軟膏0.05%とヒルドイドソフト軟膏の混合を処方されました。 しかし、28日中ますます痒みも赤みの範囲も広がり(左だけでなく右側も側面からおへそにかけて、胸下から、足の付け根まで)、 12月29日に別の皮膚科通院。薬疹と診断うけ、デルモベート軟膏0.05%を25g(5日分一日2回)、その後アンテベート軟膏0.05%を15g(3日分一日2回)、プレドニン錠5mg(7日分一日2回)、アレロック錠5mg(10日分一日2回)を処方してもらいました。年末年始お休みなので、次回通院予定は5日です。 原因かもしれないミカトリオ配合錠は高血圧のお薬で12月19日から別の内科で処方され朝一錠服薬してましたが29日からやめています。 現在、29日処方いただいたお薬を服薬、塗布していますが、発疹が徐々に広がっています。既に発疹のあった箇所は黒ずみが進み、発疹が広がる箇所は痒みを伴っています。範囲は、脇、胸にも、体側から広がって背中方向にも広がりつつあります。広がりのスピードは28日の日中よりはゆるやかです。 発熱はしていません。食事も取れています。口内や眼、陰部の違和感はありません。41才女性です。 年末年始で救急しかありませんが行った方が良いのでしょうか? 帰省も取り止め家で安静にしています。 (40代/女性)

4名が回答 皮膚・アトピー

このお薬の分類

薬効分類
血圧降下剤
メーカー
日本ベーリンガーインゲルハイム