NO IMAGE

アデフロニックズポ50

武田テバファーマ
NO IMAGE

炎症や痛み、発熱の原因とされるプロスタグランジンの合成を抑制することにより鎮痛、消炎作用を示します。通常、関節リウマチ、変形性関 ... 続きを見る 節症、腰痛症、後陣痛、手術後・抜歯後などの鎮痛・消炎や、急性上気道炎の解熱に使用されます。

製品一覧

  • 12.5mg1個
  • 25mg1個
  • 50mg1個

関連するQ&A

Q

結石の痛み以外の体調不良

30代/男性

主人の症状なんですが、10日の夜間より、 朝方まで、酷い腹痛、嘔吐があり、11日昼間は元気に過ごし、再び、11日夜間より朝方まで、前日よりも酷い症状で、朝、救急車で搬送。6ミリの尿管結石が確認されました。あと3~4センチで尿管を抜け、膀胱に落ちると言うことで、痛み止めの点滴後、薬を受け取り、帰宅しました。元々、尿酸値が高く、薬を服用していましたが、一緒に飲んでも問題ないと言うので、今まで通り併せて服用していますが、搬送後から、ずっと体調不良が続いています。人に聞いても、疝痛がなければ、普通に生活出来るし、仕事もしているという人がほとんどなのに、主人は、座薬を入れて、痛みが治まっても、とにかく身体が辛くて、動けないと、ほとんど寝たきりです。動いた方が早く出るんだよ。と言っても、動けない。の一言。水分をたくさん取らないとと言っても、気持ち悪くて飲めない。の一点張り。結石が原因で、こんなに体調不良が続きますか?薬の副作用なんでしょうか?服用中の薬は、下記の物になります。 フェブリク20mg ウラリット ウロカルン225mg コスパノン40mg マグラックス330mg アデフロニックズポ50mg です。座薬も、8時間は必ずあけてます。 (30代/男性)

1名が回答 泌尿器
Q

尿路結石診断の後、胃痛、右下腹部痛

30代/女性
1名が回答 胃腸・消化器
Q

副睾丸炎か判断がつかない

30代/男性

3日前 軽い喉の痛み。 2日前 睾丸が締め付けられる痛み。歩行時に増強、横になると痛みがなくなる。持ち上げると緩和される。四つん這いで移動していた。 全身の筋肉痛、倦怠感。 その夜〜 睾丸の痛みは少し和らいだが、頭痛がはじまり、多分発熱していた(計測していない)。頭痛と倦怠感のため睡眠が取れなかった。 鼻水咳などの風邪症状は、このときも現在もない。 昨日 酷い頭痛が続く。 睾丸の痛みは、軽いものが続くが、歩行困難はなし。睾丸に外見の異常はない。少し熱をもった感じがある程度。 その夜40度の発熱。現在まで38度後半以上の熱が続いている。 夜に急患センターを受診して副睾丸炎疑いで頓服のみ処方された。 本日 頭痛と高熱が続く。 泌尿器科受診。 前立腺触診とエコーで、前立腺の異常はなし。尿検査も異常なし。睾丸触診で、片側副睾丸に若干の痛みがあるが、この高熱だと、睾丸がもっと腫れ上がるなどの外見の異常も出るので、副睾丸炎との診断がしづらいとのこと。 喉に若干の赤みがあり、本日朝下痢もあったので、風邪かもしれないとのこと。 血液検査の結果は、二日後の次回受診時に分かる。 今も39度近い高熱あり、頭痛もあり。 睾丸は若干痛い程度。鼠蹊部に違和感。主症状は、高熱と頭痛、倦怠感。 ハッキリとした診断がされず、不安です。どのような病気が考えられますか? 薬は、クラビット500、レトラック60、頓服の坐薬アデフロニックズポ50が処方されています。 自分は元々ほとんど熱を出さない体質で、子どもも引き継いだのか、あまり熱が出ず、子どもがRSウイルスとアデノウイルスにかかったときも熱の出方が典型症状と異なったため、何度も受診したいたのに、診断がかなり遅れました。 ですので、熱の出方は典型例と異なる可能性があります。 40度発熱したのは生まれて初めてです。 (30代/男性)

1名が回答 泌尿器
Q

椎間板ヘルニア暦7ヶ月になりました

椎間板ヘルニアと診断されて7ヶ月になりました。 現状、足の痛みが我慢できなくない程度ですのでこれ以上悪化するまでは現状維持で、その後手術を考えています。 この判断が適切かご相談させてください。 昨年10月に大きな腰痛を感じ病院へ行きました。 これまでにも半年に1回くらい腰痛になっていたのですが今までとは違い臀部と足の痛みが伴いました。 レントゲン、MRIによる検査により腰椎間板ヘルニアと診断されました。 10月に大きな腰痛になる前に30分程度歩くとお尻がこる?ような感じがあったので今思えば前兆はあったように思います。 以下、症状と治療の経過です。 最初の症状:左足先端部の痺れ、左臀部&左足ふくらはぎ外側の痛み、歩く、立っているはかなりつらい 処方薬:ジラブル錠、エペル錠、ムコスタ錠100、アデフロニックズポ50(座薬) 現在まで受診のたびにお尻からのブロック注射を受けています。 2006年12月:一泊入院で腰ミエロ、神経ブロック注射(左腰二箇所) 左足の痺れは残るが足の痛みは治まったが再度大きな腰痛があり痛みが右足に出るようになる 造影剤を使用したMRIを受けた所ヘルニアが大きくなっていた。(小指先端くらい⇒親指第一関節大) 2007年2月:一泊入院で腰ミエロ、神経ブロック注射(右腰二箇所) 症状に大きな変化なし 朝の通勤、日中の業務(デスクワーク)には特に支障は無いが帰宅時に駅から自宅までの約10分間で右臀部の痛みのため2〜3回休憩が必要。 長々と書きましたがよろしくお願いいたします。

1名が回答 腰・肩・関節

このお薬の分類

薬効分類
解熱鎮痛消炎剤
メーカー
武田テバファーマ