NO IMAGE

アダラートCR錠10mg

バイエル薬品
NO IMAGE

心臓や血管が収縮する原因となるカルシウムイオンの細胞内への流入を抑制することで、冠血管を拡張し、全末梢血管抵抗を減少させ、抗高血 ... 続きを見る 圧作用と抗狭心症作用をあらわします。通常、高血圧症や狭心症などの治療に用いられます。

製品一覧

  • 10mg1錠
  • 20mg1錠
  • 40mg1錠

関連するQ&A

Q

低血圧と脳貧血が度々あり、ドライウェイト上昇に困惑

person 40代/男性 -

質問です。私は、バーター症候群が原疾患で、2011年9月右シャントで血液透析(HD)開始し、およそ3年後、オンライン血液濾過透析(HDF)に透析方法変更しました。ドライウェイトは、今年1月から4月までは、48.0kg(心胸比55.0%)でしたが、その後、ヘモグロビンが透析前12.0になり、ドライウェイトが48.8kg(4月7日)→49.3kg(4月21日)→今月3日レントゲン検査で心胸比(48.3%)になり、49.8kgまでドライウェイトが上がりました。普段、血圧は、上は120~130、下は60~98ですが、ここ数日、家庭や透析中に血圧が 上が72~93、下が53~72になることが度々あり、起き上がると一瞬ふらつくことがあります。脳貧血の対処法や血圧を下げる薬は、飲まない方がよろしいでしょうか。教えてください。 (処方薬)ザイロリック錠100 100mg(朝食後、0.5錠)、メバロチン錠10 100mg(夕食後、1錠)、テオドール錠200mg(夕食後、1錠)、シングレア錠10mg (夕食後、1錠)、オルメテック錠20mg(夕食後、1錠)、エピナスチン塩酸塩錠20mg(夕食後、1錠)、アダラートCR錠20mg(夕食後、1錠)、ポララミン錠2mg(朝、夕食後各1錠)、カルタンOD錠500mg(毎食後各1錠)、ムコスタ錠100 100mg(毎食後各1錠)、ビオフェルミン錠剤(毎食後各1錠) 病歴:バーター症候群、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、慢性腎不全、皮膚病性リンパ節炎、 (40代/男性)

2名が回答 肝臓・腎臓
Q

「自称糖尿病」の姑に迷惑しています

person 70代以上/女性 -
13名が回答 糖尿病
Q

ワーファリンと鎮痛剤服用について

person 70代以上/女性 -
2名が回答 心臓・高血圧

このお薬の分類

薬効分類
血管拡張剤
メーカー
バイエル薬品