脂漏性皮膚炎(湿疹)の処方薬 ニゾラール?ステロイド?

  • 作成:2016/01/04

脂漏性皮膚炎にはさまざまな薬剤が処方され、治療やセルフケアは長期間にわたって続きます。炎症が強い場合は、まずステロイド剤が処方されます。使用する場合は、医師らの注意をよくきいて使いましょう。

アスクドクターズ監修医師 アスクドクターズ監修医師

この記事の目安時間は3分です

薬持つ看護師

長期的な治療が必要

脂漏性皮膚炎の治療には、症状や炎症のコントロールを含めた長期的な治療が必要になります。脂漏性皮膚炎の悪化要因となる「マラセチア」は常に皮膚に生息している常在菌ですので死滅させることは不可能ですし、必要もありません。したがって、脂漏性皮膚炎の対策としては、マラセチアの増殖の抑制、過剰な皮脂分泌のコントロール、そして再発させない慢性化させないための自己管理(セルフケア)になります。

頭皮に脂漏性皮膚炎が生じた合、「ジンクピリチオン」「硫化セレン」「サリチル酸」「硫黄」「ミコナゾール硫酸塩」などの成分を含むシャンプーを使用してゆきます。シャンプーは2日に1度の間隔で使用し、症状が改善されてきたら回数を減らし、週に2回程度の使用にしてゆきますが、肌に合っているようであれば、そのまま続けても良いでしょう。しかし、これらが肌に合わないという方もいますので、悪化する場合は中止して医師に相談してください。

ニゾラールとは?

健康保険で使える抗真菌剤の塗り薬としては、ニゾラール(ケトコナゾール)があり、症状や発症している患部によって、軟膏(なんこう)、クリーム、ローションの形態に分けて処方されています。患部に1日1から2回塗り、1週間から2週間継続して使用することで症状が改善されますが、必要に応じて4週間使用を継続する場合もあります。ニゾラールは炎症の強い部分に塗るのは不向きで、炎症の強い部位に塗ると、刺激により皮膚炎が悪化します。がまんして継続して塗っていると、人によってはかぶれ(アレルギー性の接触性皮膚炎)が起こって皮膚炎が非常に悪くなることがあります。したがって症状がひどい、もしくは悪化している場合は、まずステロイドを含んだ外用薬(塗り薬など)が処方されます。

「ステロイドは使わない方が良い薬」ではない

ステロイド薬の副作用は多様ですが、すべて医療の現場で使われてきたのものであり、安全に対処することが可能です。また必ず副作用が出るというわけではありません。ステロイド薬の使用にあたっては、医師に1日あたりの使用量と使用回数、そして使用期間の目安を聞いて、それを守るようにください。

別の病気なら薬が効かないことも

「常性乾癬(かんせん)」「酒さ様皮膚炎」「アトピー性皮膚炎」と呼ばれる病気は、脂漏性皮膚炎と区別がつきにくいことがあります。これらの病気それぞれ治療方針が異なる疾患であるため、脂漏性皮膚炎と考えて治療してもなかなか改善しない時には、医師が別の病気の可能性を考えなおすことがあります。

脂漏性皮膚炎の処方薬についてご紹介しました。もしかして脂漏性皮膚炎かもしれないと不安に感じている方や、この病気に関する疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師