胃下垂と妊娠 つわりや出産に影響する?しない?

  • 作成:2016/09/20

胃下垂の方が妊娠した場合、つわりがひどくなる傾向のある方がいるようですが、科学的な根拠は不明です。出産への影響を含めて、医師監修記事で、わかりやすく解説します。

アスクドクターズ監修医師 アスクドクターズ監修医師

この記事の目安時間は3分です

胃下垂は出産に影響する?

胃下垂と妊娠の関係 つわりに影響する?

胃下垂と妊娠の関係ですが、胃下垂があると。妊娠した際につわりがひどくなると言われることがあるようです。

まず、胃下垂とつわりの症状について整理してみますと、胃下垂は胃が通常よりも骨盤の方に落ち込んだ状態で、無症状の人もいますが、進行すると胃もたれや吐き気、便秘などが見られます。一方、つわりで代表的な症状としては、吐き気、味覚の変化、においに敏感になる、胸やけなどが挙げられます。比較すると、胃下垂とつわりでは似た胃の不快な症状を伴っていることが分かります。したがって、もともと胃下垂の症状のある方が、つわりになると、両者の症状が合わさって、ひどく感じることはあるようです。しかし、2016年時点において、胃下垂とつわりの関連性についての報告はなく、胃下垂によってつわりに影響することを示す医学的な根拠はないと言えます。

そもそもつわり自体も、まったく症状のない人から、いつまで経っても吐き気が治まらない人までかなり個人差がありますので、いずれにしても上手に付き合っていくしかないと言えます。

胃下垂と妊娠の関係 出産に影響する?

「産後に下っ腹がぽっこり出るようになった」と自覚する方がいらっしゃいます。逆に妊娠を契機に胃下垂の症状がなくなったという方もいらっしゃいます。妊娠や出産と胃下垂の関係はどうなっているのでしょうか。

そもそも、胃下垂はやせ形の女性がなりやすいことからも、内臓を支える筋肉や脂肪がすくないために、胃が通常の位置よりも骨盤の方へと落ち込んでしまった状態です。女性の場合、妊娠出産を契機に、骨盤が開いて、内臓の支えがなくなってしまい、胃下垂を発症するケースがあるようです。また、育児による睡眠不足や無理な姿勢での授乳などによって、胃下垂が進行して症状が出現してくることも考えられます。

逆に胃下垂の人が妊娠した場合、次第に子宮が大きくなり、胃を下から持ち上げる形になります。そのため、妊娠によって一時的に胃下垂に症状が緩和することがありえます。そのまま調子よく治ってしまう人もいますが、出産を終えてしまえば再び胃は落ち込んできてしまうため、しばらくして元の症状に戻ってしまう人もいるわけです。


【医師による医療ページ評価 - Doctors Review】


【胃下垂関連の他の記事】


胃下垂と妊娠・出産の関係についてご紹介しました。身に覚えのない胃の不調に不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師