金属アレルギーの概要と起こる仕組み 取り込み方は2種類?

  • 作成:2016/10/07

金属アレルギーは、金属の成分が原因となって皮膚のかゆみやかぶれを引き起こす病気です。体に接触するイメージが強いかもしれませんが、他の取り込み方もあります。金属アレルギーの概要について、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

アスクドクターズ監修医師 アスクドクターズ監修医師

この記事の目安時間は3分です

金属アレルギーとはどんな病気?

金属アレルギーの概要と起こる仕組み

「金属アレルギー」とは、ご存じの方もいるかもしれませんが、金属成分が原因で皮膚にかゆみやかぶれを引き起こす疾患です。人の体には、免疫機能がそなわっており、有害な病原体を排除するのに役立っていますが、時おり病原体以外のものを過剰に攻撃することがあります。金属アレルギーは、その免疫機能の誤作動による病気の一種です。

金属成分が体内に入るルートは2種類あります。1つめは、体に直接触れることで、皮膚から金属成分が浸透するルート。「金属接触アレルギー」または「接触性皮膚炎」と呼ばれます。2つめは食品に微量に含まれた金属や、歯の治療に使われた金属を口から摂取するルート。「全身型金属アレルギー」と呼ばれます。



【関連の記事】


「金属接触アレルギー」は、金属と接触した箇所だけに症状が出るのが特徴です。これは多くの人によく見られる疾患で、ピアス、ネックレス、ブレスレット、指輪、イヤリングなどの金属を身につけると、そこだけにかゆみやかぶれが起こります。アクセサリーをつける女性に多いと言われていますが、ベルトのバックルや腕時計でも起こることがあるので、男性でも金属アレルギーの人は少なくありません。また革製品の加工にも金属成分を使っていますので、車のハンドル、ソファ、カバンなどの革製品でも起こることがあります。

全身型金属アレルギーは、金属に直接触れていない部位にも症状が出るのが特徴です。全身型金属アレルギーは、食品中の金属や歯科金属が口を通して体内にいったん入り、汗として、再度皮膚に排出されることによって起こります。金属接触アレルギーに比べると、非常に頻度の少ない疾患です。



【関連の記事】


なお、金属アレルギーが、「汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)」や「掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)」と呼ばれる病気の悪化要因の一つになっている可能性はありますが、「掌蹠膿疱症」や「汗疱状湿疹」は金属アレルギーだけで生じる疾患ではありません。

金属アレルギーの概要についてご紹介しました。「金属アレルギーかもしれない」と不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。



【金属アレルギー関連の他の記事】


症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師