金属アレルギーの治療 薬の効果は?市販薬あり?そもそも治る?副作用も解説

  • 作成:2016/10/07

金属アレルギーは、残念ですが、一度発症すると、完治はしないため、原因となる物質を特定したうえで、避けることが大事となります。治療に使う薬の効果や副作用、市販薬の有無を含めて、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

アスクドクターズ監修医師 アスクドクターズ監修医師

この記事の目安時間は3分です

金属アレルギーの治療を知ろう

金属アレルギーは治る?

現時点では、金属アレルギーはいちど発症すると治らないとされています。したがって、原因となる金属を遠ざけることが何よりも大切になります。パッチテストで原因物質が特定できたら、その成分が含まれるものの使用は避けるようにしましょう。なおピアス穴を自分で開けると、感染などを起こしてアレルギーを起こしやすくなることがあるため、特に注意が必要です。

本当に歯科金属が原因であった場合には、銀歯や詰め物を除去することで症状が軽減することが期待されます。最近では「ノンメタル治療」といって金属を使わない治療法があります。ただし、歯科金属を撤去しても効果が現れない場合があることや、費用が高額になるケースがあるので、医師とよく相談してから治療するようにしましょう。

皮膚疾患に関しては、皮膚科で塗り薬を処方してもらうことで症状を軽減することができます。ただし、薬物療法は症状を抑えるだけの対症療法です。金属アレルギーを治療するためには、原因物質を特定して、生活環境から排除することが大切になります。

金属アレルギーの治療 薬はどんなもの?副作用は?塗り薬?

金属が皮膚に直接触れることによって起こった金属アレルギー反応は、ステロイド外用薬(塗り薬)による治療が基本となります。ステロイド外用薬は、局所的なアレルギー反応を抑えるはたらきのある薬で、アレルギーによる皮膚疾患に対し一般的に使用されています。ステロイドは副作用が強いというイメージがありますが、それは強い内服薬の場合に起きることであり、塗り薬である外用薬に関しては、それほど心配する必要はありません。

ステロイド外用薬の主な副作用は3つで、1つは皮膚が薄くなること、2つは毛細血管が拡がること、3つは免疫を抑えてしまうことです。ステロイド剤は、皮膚の細胞の増殖も抑えてしまい皮膚が薄くなるので、拡張した毛細血管が目立つようになってしまいます。また、免疫を抑えられることにより、にきびなどの皮膚感染症を起こしやすくなります。

ステロイドで見られる副作用が少ないと言われているのが、「免疫抑制剤」という種類の外用薬(塗り薬)です。顔や首など皮膚が薄いところの治療や、長期間の使用が必要な場合、ステロイドでは効果が得にくい場合に使用されます。ただし、使用開始時のほてりやヒリヒリ感などの刺激症状や、皮膚感染症を引き起こしやすくなる副作用があります。

ステロイド外用薬や免疫抑制外用薬と合わせて、保湿剤が処方されることもあります。保湿剤は皮膚の乾燥を防ぐ働きがありますが、接触皮膚炎自体を改善することはできません。

薬物療法は外用薬がメインですが、補完的に抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などの内服薬が処方されることもあります。いずれもかゆみを和らげる作用があります。眠気やだるさといった副作用がありますが、薬の種類や体質によっては副作用の現れ方はさまざまです。

金属アレルギーに市販薬はある?どんなもの?

金属アレルギーの場合、原則として治療薬は、医師の処方薬を使用することが望ましいですが、効き目のゆるやかな薬であれば市販されているものもあります。

ステロイド外用薬は効果の強さによって5段階のランクに分けられています。

Ⅰ群:最強(strongest)
Ⅱ群:非常に強い(very strong)
Ⅲ群:強い(strong)
Ⅳ群:おだやか(medium)
Ⅴ群:弱い(week)

普通に薬局など市販で買えるのはⅢからⅤ群のステロイド外用薬です。Ⅲ群としては「フルコートF」、「ベトネベートN軟膏」、「リンデロン-VG軟膏」が有名で、Ⅳ群には「ドルマイコーチ軟膏」、「オイラックスPZ軟膏」、Ⅴ群には「テラ・コートリル軟膏a」、「エマゼン軟膏」などが代表的なものです。

どの薬を使ったらいいのかは、塗布する箇所や炎症の度合い、年齢によって異なります。最初から自己判断で市販薬を買うのではなく、皮膚科で薬の種類や正しい使い方を聞いてから購入するのであれば問題ないでしょう。



【金属アレルギー関連の他の記事】


金属アレルギーの治療などについてご紹介しました。「金属アレルギーかもしれない」と不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師