皮膚が黒くなる?ステロイドをめぐる俗説とは【医師監修】

  • 作成:2021/08/02

「ステロイドの塗り薬」を使っていると皮膚が黒くなる・・・という俗説を耳にしたことはないでしょうか。実はこれ、ステロイドに対する大きな誤解の1つ。今回はなぜこのような誤解が生まれてしまったのかも含め、解説します。

アスクドクターズ監修ライター アスクドクターズ監修ライター

この記事の目安時間は3分です

皮膚が黒くなる?ステロイドをめぐる俗説とは【医師監修】

Q.ステロイドを塗っていると、皮膚が黒くなる?

A.ステロイドに、皮膚を黒くさせる作用はありません。

アトピー性皮膚炎などに用いられる「ステロイドの塗り薬」を使っていると、皮膚が黒くなってしまうから、使わない方が良い・・・そんな情報は、インターネットや口コミでよく流れます。しかし、ステロイドに皮膚を黒くさせる作用はないため、この情報は根本的に間違ったものと言えます。
この間違った情報が支持され、よく出回ってしまうのには、いくつかの理由があります。

皮膚に強い炎症が起きると、皮膚が着色することがある

ニキビ・湿疹・虫刺されなどで皮膚に強い炎症が起きると、皮膚にメラニン色素が増えて、皮膚が黒っぽくなることがあります。これを「炎症後色素沈着」と呼びます1)
アトピー性皮膚炎では、皮膚に炎症が強く、長く現れ続けます。この炎症を鎮めるために「ステロイドの塗り薬」を使うのですが、薬を使って炎症が少し落ち着いてくると、皮膚がこの「炎症後色素沈着」によって黒っぽく見えることがあります。そのため、まるで「ステロイドの塗り薬」を使ったことで皮膚が黒くなったように感じられてしまうのです。

この「炎症後色素沈着」は、基本的に軽いものであれば時間経過によって消えますが、中にはシミのように残ってしまうものもあります。そのため、皮膚で強い炎症を起こさせないこと、長引かせないことが大切です。そういった意味で、「ステロイドの塗り薬」はむしろ皮膚が黒くなってしまうことを防ぐために有用な薬とも言えます。

皮膚を何度もこすっていると、皮膚が着色することがある

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1073文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師