糖尿病リスクをセルフチェック!自分でも今すぐできる予防法は?

  • 作成:2021/08/07

「最近、おなかが出てきた」、「健康診断でBMI値が高かった」など、30代以上になると健康が気になりはじめます。糖尿病など頭の隅にも浮かばない方が多いかもしれませんが、この段階で気をつけないと10年後、20年後に糖尿病発症リスクがとても高くなります。 ※この記事は医師監修のもと、作成しております

アスクドクターズ監修ライター アスクドクターズ監修ライター

この記事の目安時間は3分です

糖尿病リスクをセルフチェック!予防法は?【医師監修】

糖尿病予防はなぜ大切なのか

20歳以上で糖尿病が強く疑われる人は、男性が約5人に1人(19.7%)、女性は約10人に1人(10.8%)であることが、令和元年の「国民健康・栄養調査」で明らかになりました。
糖尿病は、初期には目立った症状もなく、痛くもかゆくもない病気。少しくらい太っても心配ないと、高カロリー・高脂質の食事に偏ったり、運動不足の生活を送っていると、糖尿病は静かに忍び寄ってきます。患者として治療される方は50代以上から増えますが、糖尿病の芽はそれ以前からすでに作られているのです。

糖尿病予防がどうして大切なのか。それは、糖尿病による合併症があるからです。失明の危険性がある「糖尿病網膜症」、人工透析が必要になる「糖尿病腎症」、手足にしびれが起こり最悪は足先や手を失う「糖尿病神経障害」が主な合併症です。これらは糖尿病と診断されても治療しなければ10年〜20年で糖尿病による動脈硬化で血管がぼろぼろになって次々と起こってきます。また、世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス感染症に糖尿病患者が感染すると、重症化するといわれています。
ただ、糖尿病予備軍であったり、すでに糖尿病になっていたとしても、合併症を抑えることは可能です。

糖尿病のリスクチェックと予防法

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1346文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師