「今回は粉薬…?」同じ薬が形を変えて処方されるわけ

  • 作成:2021/10/08

AskDoctorsに寄せられたお悩みをマンガで紹介し、医師からの回答を紹介する本シリーズ。今回ご紹介するのは、お子さんへの処方薬を見て不思議に思ったお母さんからのご相談です。

この記事の目安時間は3分です

「今回は粉薬…?」同じ薬が形を変えて処方されるわけ 「今回は粉薬…?」同じ薬が形を変えて処方されるわけ

【今回のお悩み】
例えば、子どもが発熱した時、病院によって、処方される解熱剤が粉薬であったり、シロップであったり、座薬であったりします。
いつも、「38度を超えて辛そうだったら使ってください」というような説明を受けて処方されるので、ほぼ同様の効能かと思っていますが、
医師の皆様は、効能がほぼ同様の薬について、剤形は意識して使い分けされているのでしょうか?

医師の回答

結論から言うと、家で飲む薬の剤形は薬の効果の違いと言うより御両親と相談して決めているのが現状と思います。もちろん自分で意思表示できる成長したお子さんには「何なら飲める?」と直接聞いて決めたりします。

子供への薬の剤形を決めるのに大切な事は3つあります。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1027文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師