出血量が減る!生理を数ヵ月に1度に減らせることも!避妊だけではない、知らないと損をする「ピル」の話

  • 作成:2021/10/19

ピルと言えば、避妊のために飲むクスリのイメージが強いのではないでしょうか? でも、ひどい生理痛や、生理前のイライラや頭痛などにも効果を発揮します。知っているようで知らないピルについて、産婦人科医が詳しく解説していきます。

この記事の目安時間は3分です

出血量が減る!生理を数ヵ月に1度に減らせることも!避妊だけではない、知らないと損をする「ピル」の話

海外では「ピル=経口避妊薬」として通じない

生理痛に鎮痛剤が効かない場合、我々婦人科医はピルを勧めることが多いです。でも「いきなりピルを飲みましょう」と言われても、ピルについて何も知らなければやっぱり怖いですよね。

もともとピル(pill)とは英語であり、単なる「錠剤」という意味です。海外ではピル=経口避妊薬としては通じません。しかし、日本ではピル=経口避妊薬という意味で使っていますし、婦人科医も患者さんに説明する時にはピルという言葉を使います。そのため今回は「ピル」という言葉はそのまま使って説明していきます。

「低用量ピル」の「低用量」ってなに?

ピルは1960年に経口避妊薬としてアメリカで承認されました。ピルは排卵を抑えることができ、女性が自ら確実に避妊できると大きな反響を呼びましたが、一方で副作用による吐き気が強く、内服できないという女性も多かったようです。
この吐き気は、ピルに含まれるホルモンが関係しています。ピルには女性の卵巣から分泌される2種類のホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が含まれています。

このホルモンの量が多いと吐き気が出やすいことが分かり、徐々にホルモンの量が少ないピルが開発されていきました。現在日本で発売されている避妊用のピルは、低用量ピルと言われています。この「低用量」とは、含まれているホルモンの量が少ないという意味です。

 避妊用として使用されていたピルですが、飲んでいる女性から「生理痛が軽くなった」「生理の出血量が減った」との声が相次ぎました。その後ピルが生理痛に対して効果があるということが分かり、現在のように避妊だけでなく生理痛に対してもピルが使われるようになったのです。

生理用ピルは保険で処方してもらえることも!

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1138文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師