新型コロナウイルス感染症ワクチンの副反応、不正出血の関係性はある!?

  • 作成:2021/10/29

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種後に、生理不順や不正出血が起きてビックリされた方がいるかもしれません。(生理の出血量が増えた、閉経後に不正出血があったという方もみえました。)現時点では、ワクチンと生理不順や不正出血の関係は不明です。ほとんどの生理不順や不正出血は1か月前後で自然に治ることが多く、追加で検査や治療が必要になることは少ないと思います。また、ワクチンや不正出血/月経不順が原因で不妊症のリスクが上がることはなく、生理中でも新型コロナウイルスのワクチンは接種して頂いて大丈夫です。今回は、淀川キリスト教病院産婦人科医の柴田綾子先生が、新型コロナウイルス感染症のワクチンと生理の異常について解説します。

この記事の目安時間は3分です

新型コロナウイルス感染症ワクチンの副反応、不正出血の関係性はある!?

1. 不正出血/月経不順の原因について

ワクチン接種後に、生理がずれたり、生理の出血量が増えたり、閉経後に出血が出たという経験をされた女性が出てきています。これについてイギリス(1)、アメリカ、韓国において研究が始まっています。これは、ワクチンの成分が直接関係しているのか、ワクチンを接種したあとに起こる発熱や、体調不良によって起こっているのかは、現時点では不明です。アメリカ産婦人科学会や日本の厚生労働省では、ワクチンではなく環境の変化やストレス等でも一時的に不正出血や生理不順が起こりうることを説明しています(2,3)。実は、新型コロナウイルス感染症に感染した女性(177人)の4人に1人(28%)が月経異常や月経量の変化を認めたという報告もあります(4)。そのため、ワクチンの成分による影響ではなく、ワクチン接種後の発熱や体調不良、ストレスが生理不順や不正出血の原因となっている可能性も考えられています。

2. ワクチン接種後の生理不順や不正出血の対応について

ワクチン接種後に生理不順や不正出血があっても、それが原因で不妊症になるということはありません。多くの生理異常は1か月前後で自然に治ることが多く、様子をみて大丈夫なことがほとんどです。ここで注意が必要なのは生理の量が多かったり、生理が止まってしまったり、他の病気が隠れているときです。以下のようなときは産婦人科にご相談ください。

① 生理の量が多い場合

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1905文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師