私の「卵巣年齢」は何歳? 意外と知らない卵巣の老化

  • 作成:2021/10/29

卵巣も私たち女性の体の一部であり、年齢とともに「老化」することが分かっています。年齢を重ねるとともに卵巣の機能は低下していき、妊娠できる力(妊娠率)も低下していきます。それでは、今の私たちの「卵巣年齢」がいくつなのか、血液検査で分かるのでしょうか?今回は、淀川キリスト教病院産婦人科医の柴田綾子先生が、卵巣の老化や卵巣年齢の検査について解説をしていきます。

この記事の目安時間は6分です

私の「卵巣年齢」は何歳? 意外と知らない卵巣の老化

1.卵巣の老化スピードはどれくらい?

卵巣の機能の一つは、女性ホルモンを出して子宮の中を妊娠しやすい状態に整えたり、受精卵が着床したあとに妊娠が続くようにしたりすることです。女性の自然妊娠率は年齢を重ねると低下しますが、36~38歳から低下するスピードが速くなってきます(図1)。この図1にあるように、35歳の自然妊娠率は約23%ですが、40歳になると約17%と低下してしまうと報告されています(1)。また、年齢を重ねると流産率も増加していきます(図2)。ノルウェーからの論文では、流産率は25~29歳で1番低く(10%)、30歳から増加し40歳では妊娠の約40%が流産になるとされています(2)。年齢による妊娠率の変化は不妊治療(生殖補助医療)でも同じで、卵子の質が低下することが原因だと考えられています(3)。生殖補助医療(体外受精、顕微授精など)により妊娠し出産される割合(図3緑線)は、30歳で20%前後なのに比べ、40歳で10%前後に低下してしまいます(図3)。

図1. 自然妊娠率

私の「卵巣年齢」は何歳? 意外と知らない卵巣の老化

参考文献1より引用

図2.女性の年齢と流産率

私の「卵巣年齢」は何歳? 意外と知らない卵巣の老化

参考文献2より引用

図3. 不妊治療(生殖補助医療)による妊娠率

私の「卵巣年齢」は何歳? 意外と知らない卵巣の老化

生殖医療による妊娠率・生産率:ARTデータブック2019より引用
公益社団法人日本産科婦人科学会 登録・調査小委員会 https://plaza.umin.ac.jp/~jsog-art/

2.血液検査で今の卵巣年齢が分かる?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2873文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師