NO IMAGE

メドロール錠4mg

ファイザー
NO IMAGE

体内でつくられる副腎皮質ホルモンと同じ作用をもち、体内で不足している副腎皮質ホルモンを補います。通常、内科・小児科疾患ほか各科の ... 続きを見る 炎症性疾患やアレルギー症状などの治療に用いられます。

製品一覧

  • 2mg1錠
  • 4mg1錠

関連するQ&A

Q

気管支喘息で処方された薬が多くて驚いています

40代/男性

軽度(?)の気管支喘息で、経口ステロイド薬を含む5種類の薬をいっぺんに、また、14日分を処方されるのは一般的、または、よくあることでしょうか。 (今までにこんなに大量の薬を飲んだことがなく、不安です。) ■診察 風邪をひき、夜間に咳き込むようになったため、4日前に呼吸器内科に行きました。 まずは診察でピークフローメーターの値をみて、「喘息ですね」。 その後、肺のレントゲン、肺活量検査等をへて、やはり喘息とのこと。 ■処方された薬 気管支喘息用として テオドール錠 100mg 1回1錠(1日2回) アイピーディカプセル 100 1回2カプセル(1日2回) キプレス錠 10mg 1回1錠(1日1回) レダコート錠 4mg 1回2錠(1日1回) シムビコートタービュヘイラー60吸入 2キット 1日2回(1回3吸入) 以上14日分 あわせて、風邪薬を PL配合顆粒、メドロール錠、アストミン錠、ムコダイン錠、ジェニナック錠 以上5日分 処方されました。 (風邪薬の方は抗生剤のみ仕方ないので飲み、他は放置しています) ■不安な理由 環境再生保全機構のサイト https://www.erca.go.jp/yobou/zensoku/basic/adult/knowledge/medicine.html などを見ると、経口ステロイド薬(レダコート錠が該当?)は重症持続型相当の患者に使用されるようです。 医師からは私の喘息の重症度についてコメントはありませんでしたが、今回の症状を照らし合わせてみるに、軽症間欠型またはせいぜい軽症持続型程度ではないかと思っています。 軽症でも最初にこれら5種類(またはそれに類する薬5種類)程度が処方されるのは一般的、またはよくあることなのかどうか見解をお聞かせいただけますでしょうか。 (40代/男性)

5名が回答 呼吸器・喘息
Q

現在の喘息治療は適切なのか知りたいです。

30代/女性

約一年前から喘息の治療を受けている者です。普段は、朝夕3回ずつの吸入薬(シムビコート タービュヘイラー60吸入)と就寝前に服薬(キプレスOD錠10mg、ムコソルバンL錠45mg、ユニフィルLA錠200mg×2錠)をしていましたが、11月下旬から発作が止まらなくなり、かかりつけ医院を受診して、吸入(メプチン吸入液ユニット0.5mg 0.01%+クロモグリク酸Na吸入液1% 2ml)と点滴(ソリタールT3号輸液200ml+ソル・メドロール静注用40ml)をしてもらいました。その日は咳も減り、夜は少し寝つきも良くなったのですが、翌々日にはやはり咳込みが酷くなり、再度同じ吸入と点滴をしてもらいました。日常の治療も、シムビコートを4回へ増やし、スピリーバ2.5μgレスピマットという吸入薬も処方されて毎朝2吸入行うことになりました。ひと月経ちましたが、やはり大きな改善はなく、夜間になると朝までずっと咳き込んでいるような状態です。先週も週に二度かかりつけ医院を午前中に受診して同じ吸入と点滴をしていただいていますが、その時少し楽になる程度で、夜になるとやはり段々苦しくなってきます。昨夜も眠れず、幸い休日だったため仕事など不要不急の外出は控えていましたが、体調に改善はありません。ピークフロー値も改善はなく、このひと月ほどは週に二度は点滴へ通っているような状況です。まもなく年末年始の休みに入り、天気予報では寒波の到来予測もあってとても不安です。万一の場合は最寄りの大学病院の救急外来へ行くことになると思いますが、救急外来で点滴などの喘息治療はしていただけるのかということ、また現在の治療は適切なのかも不安です。 (30代/女性)

5名が回答 呼吸器・喘息

このお薬の分類

薬効分類
副腎ホルモン剤
メーカー
ファイザー