NO IMAGE

アジルバ錠20mg

武田薬品工業
NO IMAGE

血管を収縮して血圧を上げる体内の物質であるアンジオテンシンIIの受容体に拮抗し、末梢血管の抵抗を低下させて血圧を下げる薬です。通 ... 続きを見る 常、高血圧症の治療に用いられます。

製品一覧

  • 10mg1錠
  • 20mg1錠
  • 40mg1錠

関連するQ&A

Q

認知症かうつ病か、処方薬について

person 70代以上/女性 -

遠方の為、別居している84歳の母(150cm50kg)について、認知症薬についての相談です。 <要支援1>に認定され、デイサービスへ通う予定です。母は、誰とでも会話が成立しているため、歳の割にしっかりしていると言われております。今回帰省して3年前から認知症薬を処方されていた事を本日知りました。周囲(医師やケアマネにも)には普通の状態以上元気に接し、娘の私には、何か言うたびに、声を出して泣きわめいたり、感情をぶつけてイライラしたり、無視すると独り言をいっているのに今回の帰省で気づきました。 アルツハイマーではなく血管性認知症?うつ病?心配です。 ●近所の泌尿器科を標榜する内科クリニックより アムロジン2.5mg/アジルバ錠20mg/デパス1mg/エピナスチン塩酸塩錠 キプレス/アズマネックスツイストヘラー/マイスリー錠10mg/ボナロン錠35mg 三和葛根加朮附湯エキス細粒/アリセプト(3年前より服用=長谷川式検査で30問中28点) ●近所の脳精神内科より(←手足のしびれの為受診) メチコバール/メリスロン/セファドール/セルベックス/リフレックス/サインバルタカプセル50mg(3週間前より服用=SDS検査で69点、長谷川式検査27点) 寝入り直後に会話した事を覚えていない、3~4時間しか寝ていないというわりには、7時間ず~っとイビキの連続で、声をかけても起きない状態が2日間続いた。本人は、起床時に、夢か現実かわからない状態で1時間以上動けない・・・と。新しい薬が原因と母判断でリフレックスを中止するも症状は改善しない。昼間も時間さえあれば、横になり、「そろそろお迎えが来るみたい~死んでひとりだとうじ虫湧いていたらどうしよう~」などと言いながら寝ている。処方された薬をこのまま飲ませるべきか、持病は、気管支喘息、高血圧、最近は手足のシビレを訴えています。 (70代以上/女性)

8名が回答 認知症・介護
Q

93歳の母が早朝血圧、脈拍、体温が急上昇しています

person 70代以上/男性 -

現在93歳の母は、9年ほど前、近隣のクリニックで心肥大と高血圧と診断されました。心肥大から心不全になるのを防ぐために、この9年間、母の血圧を降圧薬で最高血圧(特に早朝血圧)を135以下に抑え、平均最高血圧を大体120台に、抑えてきました。 ところが、去年(2018年)の8月に、母は熱中症のため寝たきりとなり、低血圧(最高血圧が90台前半)と不整脈が発生したので、心臓専門の病院で心エコーなどの検査をしました。 検査結果は、「心臓は問題なく、低血圧と不整脈は心臓が原因ではないようで、いずれ良くなるだろう。」ということでした。 その通りで、約6ヶ月経った今、母の血圧も少しずつ高くなり元の高血圧に戻りつつあります。不整脈は発生していないようです。 特に、10日ほど前からは、急速に「早朝の最高血圧」が高くなってきて今現在150前後(最高154)に達しております。血圧上昇と共に、脈拍も高くなり、現在ずっと110前後(最高118)となっております。同時に、体温も高くなり、37度前後(最高37.5)になってきております。 新しいクリニックのお医者さんからは、約10日前に、アムロジピン錠2.5mg(1ヶ月分)を処方されました。 実は、母が、去年8月に熱中症になる前は、近隣のクリニックで、夏冬の血圧上昇下降に応じてブロプレス錠8.8mg, アジルバ錠20mg、ノルバスク錠2.5mgなどを処方されてきました。また、たまに早朝高血圧が高い状態が続く場合は、朝と夜の両方に降圧薬(夜は弱い薬)が処方されました。それで、その時のアムロジピン錠5mgとアジルバ20mgが残っております。 新しいクリニックから処方されましたアムロジピン錠2.5mgはまだ20日分残っております。後20日間、母の状態はこのままでいいのかどうか迷っております。ご教授頂ければ大変幸いに存じます。 (70代以上/男性)

5名が回答 心臓・高血圧

このお薬の分類

薬効分類
血圧降下剤
メーカー
武田薬品工業