NO IMAGE

ザイロリック錠100

グラクソ・スミスクライン
NO IMAGE

体内で尿酸が作られるのを抑え、血液中の尿酸の量を低下させます。通常、痛風、高尿酸血症を伴う高血圧症における高尿酸血症の是正に用い ... 続きを見る られます。

製品一覧

  • 100mg1錠
  • 50mg1錠

関連するQ&A

Q

高血圧と鎮痛薬を服用していた母が突然死した原因は?

person 70代以上/女性 -

先月7月21日 母が突然死しました。孤独死だったことで発見が遅くれ、傷みが激しく検死結果では直接の死因は分からず外傷もないことから病死とされました。ところが、当日の21日とその約1週間前に下記の薬が処方されていました。 7月12日 内科にて 1.プレミネント配合錠LD 1回1錠 1日1回 朝食後 28日分 2.ザイロリック錠100 1回1錠 1日1回 朝食後 28日分 3.バリエット錠10mg 1回1錠 1日1回 朝食後 28日分 4.アテレック錠10 10mg 1回1錠 1日1回 就寝前 28日分 5.(後)トリアゾラム錠0.1 1回1錠 1日1回 就寝前 14日分 6.メイラックス錠 1mg 1回1錠 1日1回 夕食後 28日分 7月13日と21日 整形外科にて 1.ロキソニン錠60mg 1回1錠 1日2回 朝・夕食後 14日分  2.セルベックスカプセル50mg 1回1個 1日2回 朝・夕食後 14日分 3.トラムセット配合錠 1回1錠 1日3回 毎食後 14日分 4.ノバミン錠5mg 1回1錠 1日1回 朝食後 14日分(13日のみ) これから 高血圧の薬を服用しながら鎮痛剤を1週間の間に14日分の鎮痛剤を2回もらっています。母は少し認知力が落ちてきていたので もしかしたら飲んだことを忘れて処方以上に服用していたかもしれません。倒れたのは21日の夕方頃との診断でしたので、この病院から帰宅して間もなくだったようです。質問は、このような高血圧の薬を常用している患者が処方以上の量の鎮痛剤を飲んだ場合に、その飲み合わせの観点や量の観点から、脳出血や心臓系疾患などの突然死に結び付く可能性があるかという点です。 前日の20日には友人とランチしており、食欲もあったのでただ腰からくる足の痛みだけ訴えていただけの元気な母が何故、突然死に至ったのか考えられる原因がわからないか(事故死なのか?含めて)調べたいと考えています。 どうぞ宜しくお願い致します (70代以上/女性)

13名が回答 検査・薬
Q

低血圧と脳貧血が度々あり、ドライウェイト上昇に困惑

person 40代/男性 -

質問です。私は、バーター症候群が原疾患で、2011年9月右シャントで血液透析(HD)開始し、およそ3年後、オンライン血液濾過透析(HDF)に透析方法変更しました。ドライウェイトは、今年1月から4月までは、48.0kg(心胸比55.0%)でしたが、その後、ヘモグロビンが透析前12.0になり、ドライウェイトが48.8kg(4月7日)→49.3kg(4月21日)→今月3日レントゲン検査で心胸比(48.3%)になり、49.8kgまでドライウェイトが上がりました。普段、血圧は、上は120~130、下は60~98ですが、ここ数日、家庭や透析中に血圧が 上が72~93、下が53~72になることが度々あり、起き上がると一瞬ふらつくことがあります。脳貧血の対処法や血圧を下げる薬は、飲まない方がよろしいでしょうか。教えてください。 (処方薬)ザイロリック錠100 100mg(朝食後、0.5錠)、メバロチン錠10 100mg(夕食後、1錠)、テオドール錠200mg(夕食後、1錠)、シングレア錠10mg (夕食後、1錠)、オルメテック錠20mg(夕食後、1錠)、エピナスチン塩酸塩錠20mg(夕食後、1錠)、アダラートCR錠20mg(夕食後、1錠)、ポララミン錠2mg(朝、夕食後各1錠)、カルタンOD錠500mg(毎食後各1錠)、ムコスタ錠100 100mg(毎食後各1錠)、ビオフェルミン錠剤(毎食後各1錠) 病歴:バーター症候群、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、慢性腎不全、皮膚病性リンパ節炎、 (40代/男性)

2名が回答 肝臓・腎臓

このお薬の分類

薬効分類
痛風治療剤
メーカー
グラクソ・スミスクライン