湿布の「温感」と「冷感」、どう使い分ける?【医師監修】

  • 作成:2021/07/11

湿布剤は大きく分けて、冷感タイプのものと温感タイプのものがあります。では実際のところ、その使い分けはどのようにして行うべきなのでしょうか。今回は、意外に知らない「湿布」の使い方について解説します。

アスクドクターズ監修ライター アスクドクターズ監修ライター

この記事の目安時間は3分です

湿布の「温感」と「冷感」、どう使い分ける?【医師監修】

Q.湿布の「温感」と「冷感」はどう使い分ける?

A.痛み止めとしての「成分」や「効果」は同じだが、痛みの「急性」or「慢性」によって使い分ける。

温湿布も冷湿布も痛み止めの成分は共通しており、ロキソプロフェンナトリウムやサリチル酸メチル、ケトプロフェン、フェルビナクなど、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と呼ばれる成分です。つまり湿布が温かくても冷たくても、鎮痛薬としての効果は同じといえます。

温感と冷感の使い分けの意味とは?

痛み止めとしての成分は同じですが、生理学的には痛みの状態に応じて、温感と冷感を使い分けることで、症状を和らげることができます。
例えば、ケガをしてすぐの痛みでは、ブラジキニンというホルモンが働き炎症が起こります。そのため部位が赤く腫れ、熱を持ち、痛みが現れてくるのが「急性の痛み」です。1)打撲や捻挫、肉離れなどで起こるこのような痛みに対しては、熱をとる目的で冷湿布を使うことがあります。
また、長く続く「慢性の痛み」では、交換神経が興奮する→血管が細くなって血液が少なくなり痛みの物質ができてしまう→他にも運動神経が興奮する→筋肉が緊張して同じく痛みの物質ができてしまうという「痛みの悪循環」が発生します。2)腰痛や肩こりなどの患部が硬く慢性的に痛みを伴う場合には、血行改善のために、温湿布を使うことがあります。
急性の痛み:炎症部位が熱を持つ・腫れる。      →冷やして炎症を抑える。→冷湿布を使用
慢性の痛み:血流が滞る・筋肉がこわばって痛みが増す。→温めて血行を良くする。→温湿布を使用

※急性および亜急性の腰痛に対しては、「温める治療」と「冷やす治療」を比較した研究において、どちらでもよいという見解もあります。3)

温感と冷感を感じる成分は?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1067文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師