「血液をサラサラにする薬」の服薬時、納豆を食べてはいけない?【医師監修】

  • 作成:2021/07/25

血液をサラサラにする薬を飲んでいる人は「納豆を食べてはいけない」と言われることがあります。これは何故でしょうか。

この記事の目安時間は3分です

「血液をサラサラにする薬」の服薬時、納豆を食べてはいけない?【医師監修】

Q.血液をサラサラにする薬を飲んでいる人は、納豆を食べてはいけない?

A.「ワルファリン」という薬を飲んでいる人は、納豆を避ける必要があります。

血液をサラサラにする薬のうち「ワルファリン」という薬を飲んでいる人が納豆を食べると、薬の効き目が弱くなって、血の塊(血栓)ができやすくなる恐れがあります。ほんの少量であっても、納豆を食べるのは控えることをお勧めします。

納豆に含まれる「ビタミンK」が、「ワルファリン」の働きを邪魔する

血液が固まらないと、ケガをした際に出血し続けて失血死してしまいます。かといって、血液が簡単に固まると、血管の中で血の塊(血栓)ができて心筋梗塞や脳梗塞を起こしてしまうことになります。そのため、血液というのは普段はスムーズに流れるように、出血した際にはすぐに固まるように・・・という風にコントロールされています。このコントロールに、「ビタミンK」は重要な役割を果たしています。

「ワルファリン」は、不整脈などで通常よりも血液が固まりやすくなってしまった人が飲む薬ですが、この「ビタミンK」の作用をブロックすることによって、血液を固まりにくくさせる作用があります1)。そのため、「ワルファリン」を飲んでいる人が「ビタミンK」を豊富に含む食べ物を摂ると、薬では「ビタミンK」の作用をブロックし切れなくなって、血液が固まりやすくなってしまうことになります。つまり、「ビタミンK」が「ワルファリン」の働きを邪魔してしまうことになる、ということです。

「納豆」が特に話題になる2つの理由

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1818文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師