理不尽…医師が語る小児の「健康格差」

  • 作成:2021/08/10

週刊モーニングで連載され、ドラマにもなった『コウノドリ』は産科医療の現場を描いた物語です。現場の医師から見てもリアルに作られていると評判ですが、実際の現場はどうなのでしょうか。 『コウノドリ』の一部医療監修を務め、新生児科の医長としてNICU(新生児集中治療室)で診療に携わる今西洋介先生に、「新生児科のリアル」を語っていただく第二弾です。

この記事の目安時間は3分です

理不尽…医師が語る小児の「健康格差」

こんにちは。医師13年目の新生児科医の今西洋介です。現在、助産師の妻と娘3人と暮らし、西日本有数のこども病院である大阪母子医療センター新生児科の医長として、NICU(新生児集中治療室)で日々赤ちゃん達を診療しています。

2013年からは、週刊モーニングで連載された『コウノドリ』で、一部医療監修もしていました。

この連載では、実際にNICUの最前線で何が起きているか、働く人間は何を思って毎日の診療にあたっているかといった「新生児科のリアル」を、さらに深く伝えていきたいと思っています。

周産期医療者とは切っても切れない関係――「公衆衛生」

昔から子どもは社会を映す鏡だとよく言われます。

インド独立の父と言われるガンジー(1869-1948)はこういう言葉を残しています。

「子どもは真実を映し出す鏡である。彼らには驕りも、敵意も、偽善もない。もし思いやりに欠け、嘘つきで乱暴な子どもがいたなら、罪がその子にあるのではなく、両親や教師や社会にあるのだ」

ここまで言うと流石に極端ですが、子どもは生まれた環境に多少なりとも影響を受けるということは言えます。似たような分野として、日本ではこういう調査は昔から「小児保健」の分野として発展してきました。

小児保健は小児を取り巻く保健、医療、教育、福祉の向上を目的に、これらをさらに広く社会へ普及する活動を言います。まさに小児の公衆衛生と言えるでしょう。

実は、周産期医療者は公衆衛生と切っても切れない関係にあります。それは多くの父親、母親、子どもと接しており、社会的に脆弱な集団にも精通しているからです。

経済格差が赤ちゃんに及ぼす理不尽な影響

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1617文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師