漫画コウノドリが描いたNICUの光と影

  • 作成:2021/08/08

週刊モーニングで連載され、ドラマにもなった『コウノドリ』は産科医療の現場を描いた物語です。現場の医師から見てもリアルに作られていると評判ですが、実際の現場はどうなのでしょうか。 『コウノドリ』の一部医療監修を務め、新生児科の医長としてNICU(新生児集中治療室)で診療に携わる今西洋介先生に、「新生児科のリアル」を語っていただきます。

この記事の目安時間は6分です

 漫画コウノドリが描いたNICUの光と影

こんにちは。医師13年目の新生児科医の今西洋介です。現在、助産師の妻と娘3人と暮らし、西日本有数のこども病院である大阪母子医療センター新生児科の医長としてNICU(新生児集中治療室)で、日々赤ちゃん達を診療しています。

2013年からは、週刊モーニングで連載された『コウノドリ』で、一部医療監修もしていました。

この連載では、実際にNICUの最前線で何が起きているか、働く人間は何を思って毎日の診療にあたっているかといった「新生児科のリアル」を、さらに深く伝えていきたいと思っています。

さて、2020年5月に講談社発行の週刊漫画雑誌『モーニング』にて連載していた漫画『コウノドリ』(作:鈴ノ木ユウ)が約7年間の連載を終え、読者の皆様に惜しまれながら有終の美を飾りました。

そこで今回は、連載終了企画として、「rememberコウノドリ」を合言葉に日本の周産期医療の現状をお伝えしようと思います。

7巻で描かれたのは日本の実態だった
――NICUの優秀さの背景にある深刻な医療環境

まず、『コウノドリ』をご存じない皆さんへ簡単にご説明します。この漫画は、産科医かつジャズピアニストである鴻鳥サクラを主人公とした、過酷な産科医療の現場を描いた物語です。出産をめぐる社会的なテーマに正面から向き合った内容は世間の大きな関心を集め、2015年、2017年には綾野剛さん主演でテレビドラマ化もされました。

この漫画がすごいのは、物語のリアルさです。わが国の社会的背景と臨床現場への事前取材がしっかりとなされていることで、一つひとつのエピソードが持つ説得力がより強いものとなっているのです。

例えば、コウノドリ単行本7巻に描かれていたのは、日本のNICUの優秀さと深刻な医療環境でした。

物語は、在胎23週・推定体重600gという切迫早産の母体搬送依頼から始まります。

 漫画コウノドリが描いたNICUの光と影

©︎鈴ノ木ユウ

主人公の鴻鳥サクラが所属するペルソナ総合医療センターNICU(新生児集中治療室)には、新生児科部長の今橋をはじめ、新井、白川という3名の新生児科医がいます。
冷静で責任感が強くまじめな性格の女性医師、新井は、NICUが満床ながら、自分たちが受け入れなければ赤ちゃんは確実に助からないからと、その母体搬送を受け入れます。

そのまま経膣分娩で出生し、救命に成功した新井。しかし、気が動転した両親から

「なんで助けたんですか?」

と責められてしまいます。

赤ちゃんの生命力を信じると力説した新井でしたが、その後、赤ちゃんは日齢7に腸管穿孔を起こし脳内出血を起こします。そして容態は悪化。諦めずに手術を続けようとする新井に今橋は「お父さんとお母さんに一度も抱きしめてもらえなかった子供にするんですか?」と言葉を投げかけ、最終的に赤ちゃんは、今橋の提案により、両親に抱っこされたまま息を引き取ります。

 漫画コウノドリが描いたNICUの光と影

©︎鈴ノ木ユウ

そして新井は、家族から投げかけられた言葉がきっかけで、バーンアウトするのです。

そもそも早産ってなに?
――『コウノドリ』で描かれたのは超早産かつ超低出生体重児

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1785文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師