75.4%医師不足の専門科、衝撃の事実

  • 作成:2021/08/12

週刊モーニングで連載され、ドラマにもなった『コウノドリ』は産科医療の現場を描いた物語です。現場の医師から見てもリアルに作られていると評判ですが、実際の現場はどうなのでしょうか。 『コウノドリ』の一部医療監修を務め、新生児科の医長としてNICU(新生児集中治療室)で診療に携わる今西洋介先生に、「新生児科のリアル」を語っていただきます。

この記事の目安時間は6分です

75.4%医師不足の専門科、衝撃の事実

こんにちは。医師13年目の新生児科医の今西洋介です。現在、助産師の妻と娘3人と暮らし、西日本有数のこども病院である大阪母子医療センター新生児科の医長として、NICU(新生児集中治療室)で日々赤ちゃん達を診療しています。

2013年からは、週刊モーニングで連載された『コウノドリ』で、一部医療監修もしていました。

この連載では、実際にNICUの最前線で何が起きているか、働く人間は何を思って毎日の診療にあたっているかといった「新生児科のリアル」を、さらに深く伝えていきたいと思っています。

さて、講談社発行の週刊漫画雑誌『モーニング』にて連載していた漫画『コウノドリ』(作:鈴ノ木ユウ)が2020年5月に約7年間の連載を終え、読者の皆様に惜しまれながら有終の美を飾りました。

そこで今回も前回に引き続き、「rememberコウノドリ」を合言葉に日本の周産期医療の現状をお伝えしようと思います。

バーンアウト――コウノドリが描いたリアルな一面

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2708文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師