「風邪に抗生物質は使わない」病院が増えてきた理由

  • 作成:2021/08/22

風邪をひいて病院を受診すると、以前はよく抗生物質(抗菌薬)が処方されていたのに、最近はそういった病院が減ってきています。これは何故でしょうか。 ※この記事は医師監修のもと、作成しております

アスクドクターズ監修ライター アスクドクターズ監修ライター

この記事の目安時間は3分です

「風邪に抗生物質は使わない」が主流になってきた理由【医師監修】

Q.風邪をひいた時は、抗生物質(抗菌薬)を飲んだ方が良いですか?

A.基本的に、抗生物質は要らない。

風邪は、基本的にその大部分がウイルスの感染症です。抗生物質は細菌を退治する薬ですが、ウイルスには何ら作用しません。そのため、風邪の時に抗生物質を飲む必要はありません。

ウイルスの感染症である「風邪」に、細菌を退治する「抗生物質」を使っても、効果はない

風邪の原因となる病原体の90%以上は、アデノウイルスやライノウイルスなどの「ウイルス」です1,2)。そのため、もし風邪を薬で根本的に治療しようと思ったら、これらのウイルスに作用する「抗ウイルス薬」を使う必要がありますが、残念ながらそういった薬はまだ世の中に存在しません(※風邪薬も、あくまで症状を抑えるために使う対症療法の薬です)。

抗生物質は「ウイルス」ではなく「細菌」を退治するための薬なので、風邪の人が抗生物質を飲んでも、特に何も効果は得られません3)。それどころか、下痢や軟便といった副作用に悩まされる4)だけの可能性もあり、薬を使うメリットはほとんどありません。そのため、風邪をひいた時には、抗生物質はむしろ使わない方が良いのです。

※感染症・病原体の違い

「風邪に抗生物質は使わない」が主流になってきた理由【医師監修】

※同じ感染症でも原因となる病原体が全く異なるため、それぞれの病原体に合わせたタイプの薬を使う必要があります(例:ウイルス→抗ウイルス薬、細菌→抗生物質(抗菌薬)、真菌→抗真菌薬、寄生虫・原虫→抗寄生虫・原虫薬)。

昔は「肺炎」の予防に使われていたが、害の方が大きいということがわかってきた

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1062文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師