蕁麻疹はストレスでも出る?多種多様な原因と症状の現れ方

  • 作成:2021/08/20

イラクサ(蕁麻)の葉に触れると皮膚が赤く盛り上がりかゆくなることが、病名の由来とされる蕁麻疹。子どもからおとなまで、強烈なかゆみに悩まされる人は少なくありませんが、その原因を特定するのはなかなか難しいといわれています。 ※この記事は医師監修のもと、作成しております

アスクドクターズ監修ライター アスクドクターズ監修ライター

この記事の目安時間は3分です

蕁麻疹はストレスでも出る?多種多様な原因と症状の現れ方

蕁麻疹の原因は多種多様

蕁麻疹の原因は多種多様で、約7割が原因不明とされています。
蕁麻疹には、大きく分けて「アレルギー性」と「非アレルギー性」のものがあります。アレルギー性の蕁麻疹は、食品、薬、ダニ、ホコリ、花粉など、アレルギーを起こす物質が原因となります。一方、非アレルギー性の蕁麻疹は、「物理性の刺激(皮膚のこすれや寒冷・日光など)」や「発汗(入浴や運動など)」など身の回りの環境が原因になります。

蕁麻疹の多くは繰り返し、何日も続くことが少なくありません。最初の症状が出て1か月以内のものは「急性蕁麻疹」、それ以上続くものは「慢性蕁麻疹」と分けられます。慢性蕁麻疹の多くは原因を解明できないといい、原因が重なったり2種類以上の蕁麻疹が同時に出たり、体質と要因が組み合わさって起こることもあり、原因の特定はますます難しくなります。

また、蕁麻疹の現れ方も様々です。膨疹(ぼうしん)(皮膚の盛り上がり)は体の一部、手足全体、顔など、体のどこにでも出ます。形も円形、楕円形、線状、花びら状、地図状など様々です。一つひとつの膨疹がつながって、体の表面が、ほぼ覆われてしまうこともあります。虫刺されに似ていることもありますが、虫刺されはしこりや跡が残るのに対し、通常の蕁麻疹は跡形なく消えてしまうのがほとんどです。

蕁麻疹の引き金は日常生活の中にある

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1320文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師