新型コロナ「若くても重症化」、軽症でも怖い「後遺症のリスク」

  • 作成:2021/08/31

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大が続いていますが、「若い人は重症化しないから怖くない」といった言説もよく耳にします。これは本当でしょうか?

この記事の目安時間は3分です

新型コロナ「若くても重症化」、軽症でも怖い「後遺症のリスク」

Q. 若い人は、新型コロナウイルス感染症に罹っても重症化しないから、怖くない?

A. 「重症化しなければ平気」と考えているのであれば、大きな勘違いです。

新型コロナウイルス感染症は、若い人では重症化しにくい傾向があるというのは事実ですが、重症化しにくいからといって“発症しても数日で元の生活に戻れる”といった認識でいると非常に危険です。また、そもそも“重症化”の意味を正しく理解できていないことも多い点に注意が必要です。

若い人でも問題になる“様々な後遺症”のリスク

新型コロナウイルス感染症は、高齢者ほど死亡・重症化リスクが高い傾向にあります1)。しかし、このことは「若い人なら死なないし重症化もしない」ということを意味しているわけではありません。あくまで「死ににくい」「重症化しにくい」というだけなので、感染・発症する人が増えれば、亡くなる人や重症化する人も必ずどこかのタイミングで出てくることになります。実際、変異株の影響もあって、沖縄では20代でも12.8%、30代でも19.4%が中等症以上に悪化して入院しているというデータが出ています2)

また、「重症化しなければ、発症しても数日で元の生活に戻れる」という認識も、間違っています。新型コロナウイルス感染症を発症した場合、疲労感や呼吸困難・関節痛、味覚障害などの後遺症が何ヶ月ものあいだ残り3)、こうした後遺症によって生活の質(QOL)が低下する4)、元の仕事に戻れない5)といったトラブルの原因となることが知られています。
こうした後遺症は、なにも高齢者にばかり現れているわけではありません。事実、新型コロナウイルス感染症の症状が軽症だったために自宅療養をした30歳以下の若い人たちでも、半数以上の人が味覚や嗅覚の喪失、呼吸困難、集中力の低下、記憶障害といった後遺症に6ヶ月以上も苦しんでいることがわかっています6)。つまり、自宅療養ができるほどの軽い症状で済んだとしても、その後に6ヶ月以上も元の生活には戻れないリスクがある、ということです。

そもそも「重症化」の意味を間違えている人も多い

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1208文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師