新型コロナワクチン、若い人は重症化しにくいから接種しなくて良い?

  • 作成:2021/10/17

2021年の春から始まった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種。国は11月には希望する人への接種完了を目指していますが、ワクチン接種を悩んでいる方もまだまだおられます。その中には、「若い人は重症化しにくいから、ワクチン接種をしなくても良いのではないか」と考えている方もいるのではないでしょうか。 確かに、これまでに得られてきたデータや知見からは、新型コロナウイルス感染症は40代以下の若い世代では重症化するケースは多くありません。そのため、「もし罹っても風邪みたいなものだから大丈夫」と考えてしまいがちです。しかし、ここで考えてもらいたいのは、「重症化しなければ、本当に大丈夫なのか」ということです。

この記事の目安時間は3分です

新型コロナワクチン、若い人は重症化しにくいから接種しなくて良い?

若い世代は確かに「重症化」しにくいが、「重症化」とはどんな状態のことか?

まず、「重症」が意味する状態を正しく理解していないケースがあります。軽症とは、38℃くらいの熱が出て少し咳も出るくらい。中等症とは、38℃を超える熱が出て、咳も結構出て夜には眠りづらいくらい。重症とは、39℃を超える高熱が出て、咳や倦怠感で眠れないくらい。そんな風に認識している人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際の新型コロナウイルス感染症の重症度分類では、これらは全て「軽症」に分類されます1)。呼吸困難があって酸素投与が必要な状態になって初めて「中等症」になります。この「中等症」は、恐らく多くの人にとって“人生最大のつらさ”になると考えられます。ここから更に進んだ「重症」とは、人工呼吸器をつけられICUに入っている状態・・・言わば“瀕死の状態”です。つまり、40℃の高熱が1週間続いても、咳で夜に全く眠れなくても、食事が一切喉を通らなくても、呼吸困難がなければ分類上は「軽症」になります

そのため、「若い人が重症化しにくい」というのは、決して「風邪のような症状だけで済む」というわけではなく、「人工呼吸器をつけられて生死の境をさまようような事態にはなりにくい」という意味であることを、まずは押さえておく必要があります。
実際に日本でも、20代で16名、30代で50名、40代で171名と、40代以下の若い世代でも新型コロナウイルス感染症で亡くなってしまった方が少なからずいらっしゃいます2)。また、9月の時点では“入院治療が必要なほどの状態”にある方が、10代未満で3,190人、10代で5,426人、20代で14,390人、30代で10,174人、40代で11,077人2)いらっしゃったことも考慮すると、決して「風邪のような症状だけで済む」保証はありません。

重症化しなくても、様々な“後遺症”に悩まされる可能性が高い

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1445文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師