目薬の正しいさし方は?開封後の使用期限はいつまで?過ぎたら捨てるべき理由

  • 作成:2021/09/16

身近な存在である目薬ですが、正しい使い方を把握していない方も多いかもしれません。目薬をうまくさすコツや使用期限などをご紹介します。

この記事の目安時間は3分です

目薬の正しいさし方は?開封後の使用期限はいつまで?過ぎたら捨てるべき理由

Q.目薬は、1回何滴使えば良い?

A.基本的に、片目に1回1滴で十分な効果があります。

人間の結膜嚢、つまり目のプールである部分には、成人で一度に20~30μL(マイクロリットル)しか入りません。目薬の1滴はそれよりも少し多めの30~50μLなので、基本的に1回1滴で十分な量が点眼できるように作られています。1滴以上の量を点眼しても目の外にあふれたり、鼻に流れ出たりしてしまいますので、ご注意ください。
目薬の種類にもよりますが、ドラッグストアで販売している目薬には1回1~3滴と記載しているものがあります。これは、確実に十分な量を点眼させるために多めの量で設定されています。安全に使えるように、決められた濃度の範囲内での設定となっています。製品ごとに点眼量は異なるので、しっかり説明書を読んでから使用しましょう1)

目薬1本でどのくらいの期間もつの?使用期限は?

5mLの目薬には、先述の1滴の量から計算すると、約100滴分の液量が入っています。1回1滴で1日3回片目に点眼をした場合、計算上は1ヶ月分の量になります。
ただ、目薬を使い忘れてしまったり、1日3回使わなかったりして、1ヶ月経っても液が残っていることもあるかもしれません。しかし、日常で使用されている目薬は、防腐剤の有無・種類に関係なく、開封後は細菌などの微生物汚染を受けてしまうことが明らかになっています。2)したがって防腐剤が入っている目薬でも、開封したら約1ヶ月で使い切るか、残っていても捨てるようにしましょう。防腐剤が入っていない目薬は、1回使用したら捨てるのが基本です。

上手に目薬をさすためには?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1027文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師