「クラミジア」は自覚症状が少なく、やっかいな病気!感染に気づかぬまま妊娠すると…

  • 作成:2021/10/03

もしかして自分が感染した? 感染させた? AskDoctorsには世代を問わず性感染症に関する相談が寄せられています。産婦人科医の宋美玄先生に「性感染症の基本」を教えてもらう本連載。今回のテーマは「クラミジア」です。日本人がかかる性感染症の代表とも言えるクラミジアについて、詳しく伺いました。

この記事の目安時間は3分です

「クラミジア」は自覚症状が少なく、やっかいな病気!感染に気づかぬまま妊娠すると…

感染が長引くと、不妊や子宮外妊娠の原因になる

こんにちは、産婦人科医の宋美玄です。
「性器クラミジア感染症(クラミジア)」は、現在日本で男女ともに最も感染者数の多い性感染症です。感染のピークは20代前半。20~30代に次いで10代後半の患者も多く、「性体験のある高校生の10人に1人がクラミジアに感染している」という調査結果も出ています。
ところが、感染者のうち医療機関を受診する人はごく一部。症状が出にくいために感染に気づいていない人が少なくないのです。性行為をすれば感染を広げてしまいますし、感染が長く続くと不妊や子宮外妊娠、流産・早産の原因になるばかりでなく、出産の際に赤ちゃんにうつしてしまう可能性もあります。

クラミジアの原因となる病原体は、クラミジア・トラコマチスという微生物です。この微生物がセックスやキスなどの性行為によって性器周辺やのどの粘膜に感染します。子宮頸管炎や尿道炎、咽頭炎などを引き起こしますが、ある程度、進行するまで痛みなどの症状は現れません。

母子感染を防ぐために、妊娠前から検査を受けたい

クラミジアは症状が出にくいことが特徴の一つで、無症状の人がほとんど。おりものの量や色が変化したり、下腹部痛や不正出血といった症状が出ることもありますが、いずれも軽いことが多いのでなかなか感染に気づくことができません。
妊婦健診では全員にクラミジアの検査を受けますが、「3〜5%がクラミジア保有者だった」という報告があります。つまり、ずっと感染に気づかないまま過ごしてきたということ。このことからも、病気の自覚がなく治療を受けていない感染者はたくさんいると推測されます。

クラミジアは、腟から子宮、卵巣というように上へ上へと感染が広がり、子宮内膜炎や卵管炎、卵巣炎、骨盤腹膜炎などを引き起こします。しかも組織と癒着しながら感染が広がっていくため、卵管の卵子を輸送する機能が低下して卵管妊娠(子宮外妊娠)を起こしたり、卵管が詰まって不妊症になったりすることもあります。
感染に気づかずに妊娠すると、流産や早産になりやすいこともわかっています。さらに治療しないまま出産すると、赤ちゃんが産道を通る際に感染して結膜炎や肺炎を起こす危険もあります。
こうした「母子感染」を防ぐために、妊婦検診の一環としてクラミジア検査が行われていますが、できれば「妊娠をする前」にパートナーとともに検査を受け、感染していた場合はきちんと治した上で、妊娠に臨みたいものです。

「風邪かな」と思ったらクラミジアだった!?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1528文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師