徐々に現れていた「認知症の兆し」 介護する家族の後悔とジレンマ

  • 作成:2021/09/21

65歳以上の患者が推計およそ600万人(2020年)いるといわれるアルツハイマー型認知症。認知症は顔にできるシミのように、脳に異常なタンパク質がたまり脳の神経細胞を死滅させるもので、誰もがかかる可能性があります。 今回は母親が認知症と確定診断されるまでの道のりから、現在に至るまでの実例手記を紹介します。

この記事の目安時間は6分です

徐々に現れていた「認知症の兆し」 介護する家族の後悔とジレンマ

段々と現れる認知症の兆し

認知症と診断されてから約10年になる母は、今年で89歳。60歳代の半ばに入り、小さな異変が現れました。孫も大きくなり面倒をみる相手がいなくなったことで、自分の存在意義について考えているようでした。同時に足がだるい、むくむといって外出しなくなったのです。病院を受診したところ、老人性うつと診断されました。そこで、治療と同時に犬を飼うことに。運動量が必要なビーグルで、当初は面倒を見られないと音 をあげていましたが、自分が世話をしないと生きていけない犬を前に奮起し、うつの症状もだんだん見られなくなりました。

次に異変が現れたのが70歳代に入るころ、「匂いがわからない、味もよくわからない」といいだしたのです。知り合いの大学病院の耳鼻科の先生に診てもらいましたが、「嗅細胞は一度死滅すると戻らない」といわれ、あきらめてしまいました。
この嗅細胞が認知症と大きく関わっていたということを、当時は知る由もありません。痴呆症から認知症へと名称が変更する前の話です。認知症に関する研究もそれほど進んでいませんでした。現在、匂いと認知症には関連があるということがわかっています。
あのとき、脳のCTを撮っておけば何かわかっていたかもしれない、そんな後悔があります。年を重ねれば誰でも五感が鈍くなってきます。しかし、匂いがわからない、味がしないといった場合には、認知症の可能性を踏まえ神経内科で認知機能検査を受けることをお勧めします。

先生との相性で変化した母

当時、兄が二世帯住宅で母と暮らしていましたが、私は1時間ほど離れたところに住んでいました。匂いがしないまま生活するうちに、鍋の火のつけ忘れで部屋が煙で充満することもあり、めっきり自信を失くしたようでした。
70歳の半ばからでしょうか、あれほど一人を満喫していた母が「寂しい」としばしば電話をしてくるようになり、同時に兄や姪から母の不審な言動があるとの相談を受けたのです。
認知症を疑い病院を探して受診すると、やはり脳の萎縮が見られ軽度の認知症と診断され通院が始まりました。
ここでも一つ、後悔があります。
母の住んでいる近隣には、認知症専門医とされる病院が2つありました。一つの病院は週1日専門医が来る予約制の病院、そしてもう一つはいつでも認知症を診ている専門病院。少し迷いましたが、後者のいつでも診ているところに連れて行ったのです。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2475文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師