心にぽっかり穴が空いたような虚脱感…「荷下ろしうつ病」って何?リスクが高い人の共通点は?

  • 作成:2021/09/28

AskDoctorsに寄せられたお悩みをマンガで紹介し、医師からの回答を紹介する本シリーズ。今回ご紹介するのは、長年勤めた会社を退職後、虚脱感に苦しんでいる方からのご相談です。

この記事の目安時間は3分です

心にぽっかり穴が空いたような虚脱感…「荷下ろしうつ病」って何?リスクが高い人の共通点は?

【今回のお悩み】
半世紀近くも同じ会社に勤め、充実したサラリーマン人生を生きてきました。
家族もほったらかしで、仕事一筋でした。しかし、66歳で会社を退職しました。
達成感と開放感が訪れるものと思っていましたが、心に大きな穴が開いたような虚脱感と全身倦怠感が襲ってきました。心療内科の受診をしてみるか、迷っています。

「誰かに貢献する癖」をやめて、もっと自分を優先して

長らくのお勤め、大変お疲れ様でございました。
ご自分の楽しみも興味も時間も体力も、全て会社に注ぎ込んで、一心に貢献されてきたご様子が目に浮かびます。これから家族との時間を作り、今までできなかったことを楽しもうと思われていたところでの心身の不調で、さぞかし戸惑われたかと思います。
ご相談を拝見すると、「燃え尽き症候群」や「荷下ろしうつ病」と言われる状態が懸念されます。燃え尽き症候群は、WHOが規定する国際疾病分類(ICD-11、2022年発効予定)によって、慢性的な職場のストレスの結果生まれる症候群と新しく定義づけられました。荷下ろしうつ病は正式な病名ではありませんが、長い間の頑張りが終わり、ホッとした時に生じやすいうつ状態のことです。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り964文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師