ストレスや病気のリスクを減らす、健康のための驚くべき習慣

  • 作成:2021/11/21

パンデミック(世界的大流行)時の生活は、多くの人々にとって、同じエピソードが何度も繰り返される再放送のようなものでした。しかし、そのような繰り返しの中にも、明るい兆しがあるかもしれません。日常生活が退屈に感じることがあっても、日課を決めて継続することが健康に重要な役割を果たすという研究結果があります。 毎日、規則正しい生活習慣を作り、維持することは、心身の健康に良いことです。 健康の専門家や新しい研究によると、規則正しい生活を続けることで得られるメリットがあります。

この記事の目安時間は3分です

ストレスや病気のリスクを減らす、健康のための驚くべき習慣

この記事を要約すると…
・規則正しい生活習慣を作ることで得られるメリットを紹介。
・考えなくてもよいルーティン作業はストレスを減らし、不安を和らげる。
・不規則な睡眠パターンの変動は、肥満、高コレステロール、高血圧、高血糖などのリスク増加につながる。
・意思決定の必要性が少なくなるような毎日を構築することが大切。

※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxの記事「The surprising habit for optimized health」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事です。内容の解釈は原文を優先ください。

メンタルヘルスと燃え尽き症候群への効果

プライマリーケア医のIndumathi Bendi氏によると、何かを決断するたびに、少なからずストレスを感じます。それだけではメンタルヘルスに大きな影響はないかもしれませんが、常に次の行動を決めていると、ストレスが溜まってしまいます。毎日の仕事を、考えなくてもよい規則的で予測可能なルーティンに変えることで、ストレスを減らすことができます

同様に、心理学者のBrad Brenner博士は、日課が不安を和らげ、双極性障害や薬物乱用障害などの特定の精神疾患の症状を管理するのにも役立つと書いています。Brenner氏は、ストレスが徐々に蓄積されると、疲労困憊したり、対人関係に悪影響を及ぼしたり、仕事の生産性が低下したりする「バーンアウト(燃え尽き症候群)」になる可能性があると指摘しています。

そのためにBrenner氏は、毎日欠かさず行う朝の習慣をつけることを勧めています。

一日のスケジュールを前もって立て、朝のスヌーズボタンを使わないようにすると、ストレスが軽減されます。毎日、同じ時間に仕事を終えるようにするのも効果的です。

同様に、ベンディは、毎日の仕事を同じ時間に行うようにスケジューリングすることを勧めています。継続性を保ち、意思決定の負担を減らすためには、できるだけ多くの変数を取り除くことです。寝る前に次の日の服を選んだり、一週間の食事を前もって計画したりするのもいいでしょう。

睡眠習慣のメリット

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1158文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師