幸福感や自尊心が上がり血圧の低下も 健康上のメリットがある“驚くべき習慣”

  • 作成:2021/11/01

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事では、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年3月12日に掲載された記事「The surprising habit that lowers blood pressure」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は3分です

幸福感や自尊心が上がり血圧の低下も 健康上のメリットがある“驚くべき習慣”

寛大さは、多くの人にとって、死よりもむしろ道徳に関連する美徳です。しかし、人を助ける性質は、健康にも役立つという研究結果があります。

研究によると、気前の良さは、与える側だけでなく、受け取る側にも健康上のメリットがあります。

カリフォルニア大学バークレー校が発表したホワイトペーパーによると、寄付をする習慣をつけると、幸福感や自尊心など、さまざまな心理的健康効果が得られるとのこと。また、気前の良さは、血圧の低下や死亡率の低下など、多くの生理的なメリットにもつながります。ここでは、研究結果や健康の専門家によると、寛大さを自分の行動様式の一部にすることを検討すべき理由をご紹介します。

寛大さがもたらす健康への影響

ボランティア活動に参加したり、恵まれない人に食べ物や資源を分け与えたりと、気前の良さは周囲の人に大きな変化をもたらします。しかし、クリーブランド・クリニックが発表した記事によると、寄付をすることで、与える側にもさまざまな健康上のメリットが誘発されるとのことです。

例えば、ストレスレベルの低下、うつ状態の緩和、血圧の低下などが挙げられます。実際に、他人との交流をサポートすることで、冠動脈疾患に関連した健康上の問題から回復することができるという研究結果もあります。

カリフォルニア大学バークレー校が発表した「気前の良さを科学する」というホワイトペーパーには、このことを裏付けるさまざまな研究結果が紹介されています。その中には、ボランティア活動をする人は、運動不足だった高齢者を中心に、身体活動量が増加する傾向があるという研究結果も含まれています。もちろん、身体活動は健康増進につながります。また、さまざまな人種の高齢者1,118人を対象とした研究では、何らかの社会的支援を行うことが、血圧の低下や睡眠の質の向上など、健康状態の改善につながることがわかっています。

寛大さと健康寿命

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2039文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師