節度は必要だが…「ゲーム」が健康や認知機能にもたらすメリット

  • 作成:2021/11/23

ビデオゲームは人気があると言っても過言ではありません。推定1億6400万人のアメリカ人がビデオゲームをプレイしています。そして、信じられないかもしれませんが、そのほとんどが大人なのです。最近の調査では、米国のゲームユーザーのうち、18歳未満の人はわずか21%であることがわかりました。

この記事の目安時間は6分です

節度は必要だが…「ゲーム」が健康や認知機能にもたらすメリット

この記事を要約すると…
・ビデオゲームが精神的な健康や認知機能に思わぬメリットをもたらすとの研究結果が発表。
・ゲームは、精神的な健康や認知機能に思わぬメリットをもたらすと研究者は指摘している。
・ゲームは、ストレス管理トレーニングのツールとしてテストされている。

※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxの記事「The surprising health benefits of this ‘lazy’pastime」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

ゲームは、寝る間も惜しんでやるもの、というネガティブなイメージがありますが、いくつかの研究では、ゲームが健康に良い影響を与えることがわかっています。

ゲームには、地下室に住む成績の悪い人や、健康状態の悪さ、ゲーム中毒、さらには攻撃性などのイメージが長年にわたってあります。しかし、いくつかの研究では、ビデオゲームが精神的な健康や認知機能に思わぬメリットをもたらすことが示唆されています 。ここでは、最新の研究や健康の専門家によると、ビデオゲームが心理的・生理的に与える可能性のある影響について概観します 。

ビデオゲームと心の健康

ビデオゲームは何十年にもわたって大衆文化の中で親しまれてきました が、その影響に関する研究は多くの要因によって制限されてきました 。このことは、2月にRoyal Society Open Scienceに掲載されたオックスフォード大学の新しい研究でも指摘されています。この研究では、ゲームが幸福度の向上と関連しているかどうかを調べました。

研究者によると、ビデオゲームをすることによるプラス面、マイナス面についての確かな証拠はほとんどないそうです。ほとんどの研究は、自己申告のデータに依存しています。

「最近の研究では、デジタル行動の自己報告は不正確で偏りがあることが指摘されており、ビデオゲームに費やす時間と幸福度に関する研究から引き出せる結論は限られています」と著者らは書いています。さらに、これまでの研究では、主に過剰な、あるいは問題のあるビデオゲームの使用に焦点が当てられてきました。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り3751文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師