生理的な問題だけではない、性欲が低下する「3つの要因」とは

  • 作成:2021/12/02

性欲についてはまだ多くの謎があります。しかし、これまでに得られた知見によると、人間の性への関心や能力を左右するさまざまな要因について興味深いものがあります。性欲の低下は、喫煙、運動不足、アルコールの使用など、通常とは異なる要因に起因することが多くあります。

この記事の目安時間は3分です

生理的な問題だけではない、性欲が低下する「3つの要因」とは

この記事を要約すると…

  • 性欲減退の原因となる3つの項目を紹介している。
  • 肥満はエネルギーの低下や自尊心の問題にもつながり、性欲が著しく減退する可能性がある。
  • 慢性的なストレスが性欲を低下させ、それが不安やさらなるストレスにつながる可能性がある。
  • 感情的な親密さの欠如、信頼の問題、性的なニーズや好みのコミュニケーション不足は、すべて性欲の低下につながる。

※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxの記事「3 surprising sources of bedroom dysfunction」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

性欲に関しては、男性と女性では多くの点で異なりますが、ある種のライフスタイルの選択や条件は、男女ともに同様の影響を及ぼします。2020年に「Reproductive Biology and Endocrinology」誌に掲載されたレビューによると、アルコールの乱用は性欲を減退させる傾向があり、男性では勃起不全、女性では興味の喪失や満足のいかないオーガズムを引き起こします。同様に、運動は男女を問わず、性的幸福感に良い影響を与えるという研究結果もあります。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2346文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師