「好きな人とのセックスなのに、気持ちよくない…」。女性が悩む「性的興奮の障害」の原因とは?

  • 作成:2021/11/13

心地よいセックスを妨げている「性機能障害」について、産婦人科医の宋美玄先生が解説します。連載第2回のテーマは「性的興奮の障害」。セックスをしたくてもムラムラしない、感じない、濡れない…パートナーに気を使って感じたふりをしている人も。心も体も気持ち良くなるにはどうすればいいのでしょうか。

この記事の目安時間は3分です

「好きな人とのセックスなのに、気持ちよくない…」。女性が悩む「性的興奮の障害」の原因とは?

性的刺激を受けてもムラムラしない、性器が濡れてこない

こんにちは、産婦人科医の宋美玄です。
セックスは本来、気持ちのいいもの。性的快感は「感じる」「濡れる」「イク」といったさまざまな言葉で表現されますが、セックスが始まってから終わるまで、女性の体はどんなふうに変化していくのでしょうか。

セックスの始まりは、キスや優しい愛撫といった性的な刺激で快感のスイッチが入るところから。だんだんと興奮が高まって、顔が紅潮したり発汗したり心拍数が増加したりするだけでなく、クリトリスや小陰唇、腟壁が膨らんで充血し、腟内に潤滑液がしみ出すなど性器周辺にも変化が現れます。いわゆる「濡れた状態」になって、挿入を受け入れる環境が整えられていくわけですね。

やがて興奮は一段と高まって、オルガズムへと突き進みます。オルガズムとは、「イク」などと表現される、快感が最高潮に達した状態のこと。オルガズムに達したあと、幸福感の中で興奮と快感は緩やかに引いていき、平時の状態に戻っていきます。

しかし、一連のセックスの過程においてまったく性的興奮が高まらず、性器の充血も起きない、濡れてこないという女性もいます。こうした状態を医学的に「性的興奮の障害」と呼んでいます

ホルモン分泌や、性器の形状が原因の場合も

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2099文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師