女性の「したくない…」は治療対象になる?性機能障害の原因と、パートナーにできること

  • 作成:2021/10/16

セックスの悩みは話題にしづらいもの。本来、楽しく心地よいものであるはずのセックスが苦痛で、人知れず悩んでいるという女性は少なくありません。そんな「女性の性機能障害」の実態や解決策について、産婦人科医の宋美玄先生が解説する連載がスタートします。第1回目は、そもそも女性の性機能障害とはどのようなものなのか、治療ができるのか、どこに相談すればいいのかといった基本的な情報をお伝えします。

この記事の目安時間は6分です

女性の「したくない…」は治療対象になる?性機能障害の原因と、パートナーにできること

性欲がない、濡れない、イケない、痛くてできない

こんにちは、産婦人科医の宋美玄です。
性行為をしたいのに身体が受け付けない、そんな状態を医学的には「性機能障害」と呼びます。男性では勃起不全(ED)や早漏、遅漏などがよく知られていますが、実は女性にも性機能障害はあるのです。主に次のようなものが挙げられます。

  • 「性的欲求の障害」……そもそも性欲がない、セックスする気にならない、といった心理的な問題を含む障害。
  • 「性的興奮の障害」……キスや性器を触るといった性的な刺激を受けても反応しない、いわゆる”濡れない」という状態。
  • 「オルガズム障害」……絶頂感(オルガズム)を感じられない状態。「イケない」といったほうがわかりやすいでしょうか。

以上は性的反応の障害ですが、「ペニスの挿入に関連した障害」も珍しくありません。代表例は以下の2つです。

  • 「性交疼痛障害」……挿入すると強い痛みを感じる。
  • 「膣けいれん(ワギニズム)」……挿入しようとすると膣が収縮して受け付けなくなる。

性機能障害に悩む女性はどのくらいいるのでしょうか。やや古いデータですが、2005年に報告された国際的な調査(対象年齢40~80歳)では、性的関心と興奮障害は約30%、オルガズム障害は約15%、性行為に伴う疼痛は約15%とされています。
とはいえ、日本の場合は女性が性行為に関して語ることを良しとしない風潮があり、女性性機能障害の発生頻度を正確に調査するのは難しいのが実情です。誰にも言えずに悩んでいる人はもっと多いことでしょう。

当事者である女性が「困っている」なら治療を

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1914文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師