セックス頻度が減少 コロナパンデミックが人間関係や性的健康に与えた影響

  • 作成:2021/10/28

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事では、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年4月15日に掲載された記事「Sex:Another casuaity or the pandemic?」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は3分です

セックス頻度が減少 コロナパンデミックが人間関係や性的健康に与えた影響

COVID-19は、アメリカ人の生活のほぼすべての側面に影響を与えており、それにはセックスも含まれています。新しい研究では、パンデミックが人生の重要な側面にどのような影響を与えているかについて、冷静ではない調査結果が出ています。

調査によると、パンデミックは人間関係や性的健康に影響を与えています。

特に、2020年3月末までに全国で実施された「自宅待機命令」は、性行動やそれに伴う幸福感に大きな悪影響を及ぼしている可能性があることが、Journal of Sex & Marital Therapy誌に掲載された研究結果で明らかになりました。

「厳格ではあるが必要な措置であるため、家族や恋愛・性的パートナーは、特に弱い立場にある人のリスクを軽減するために、ほとんどの場合、自宅に一緒に閉じこもったり、あるいは互いに隔離されたりすることになった」と著者らは書いています。

昨年8月にMDLinxがパンデミックとセックスの話題を取り上げた際には、現在進行中のパンデミックがアメリカ人成人の約半数のセックスライフを大きく変えていると報告しました。

パンデミックから1年以上が経過した今、パンデミックがアメリカ人のセックスにどのような影響を与えたのか、詳しく見てみましょう。

頻度

最も顕著なのは、パンデミックの影響でパートナー間の性交渉の頻度が減少したことです。キンゼー研究所のコンドーム使用研究チーム(CURT)の研究者たちは、30〜50歳の既婚アメリカ人(異性および同性の夫婦)1,117人を対象に、性行為の頻度を含むさまざまな要因について調査しました。

その結果、異性または同性の結婚をしている女性の52%が、パンデミック中もパンデミック前と同程度のセックスをしたと回答し、24%がより多くのセックスを、24%がより少ないセックスをしたと回答しました。男性については、同性婚の55%が「より多くのセックスをした」と回答したのに対し、異性婚の35%が「より多くのセックスをした」と回答しました。

さらに、男女ともに、配偶者とのセックスに関する会話、同じベッドを共有すること、抱き合うこと、触れることが増えたと回答しています。

では、そのセックスは満足のいくものだったのでしょうか?研究者たちは、74%の女性が性的満足度に変化がないと答えたのに対し、17%は性的満足度が低下し、9%は性的満足度が上昇したと答えました。(男性についての補足的な統計結果はすぐには得られませんでした)。

medRxivで配信されたまだ未発表または査読付きの研究で、研究者たちは、コロナウイルスに対する公衆衛生上の対応の初期段階において、米国の成人における独り身やその他の性行動の自己申告による変化を調べることにしました。彼らは、2020年4月10日~20日に米国の成人1,010人を対象に調査を行ったところ、全成人の約半数が性生活に変化があったと報告し、最も多かったのが性行動の減少でした。

著者らは、「家庭に小学生の子どもがいること、過去1カ月間の抑うつ症状や孤独感、COVID-19の保護行動をより多く実施していることは、ハグ、抱っこ、手をつなぐ、キスなどのパートナーとの絆を深める行動の減少と、オーラルセックス、パートナーとの性器への接触、膣セックスなどのパートナーとの性行動の減少の両方と関連していた。COVID-19のリスク認知の大きさとCOVID-19の知識の大きさは、行動の結果において混合効果と関連していた。」と述べています。

衝突

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1603文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師