「孤立で認知症リスクが50%増加」健康で長生きするために必要な社会的繋がり

  • 作成:2021/11/04

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事では、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年6月2日に掲載された記事「Longevity:One simple step to lengthening your life」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は3分です

「孤立で認知症リスクが50%増加」健康で長生きするために必要な社会的繋がり

健康で長生きするためのガイドラインは、かなり確立されています。健康的な体重と食生活を維持し、運動し、良質な睡眠をとり、タバコや過度のアルコールを控えること。しかし、研究によると、健康を維持するためには、同じくらい重要でありながら、見落とされがちなもう一つの重要な側面があります。

人付き合いは、認知機能の向上など、健康に重要な効果をもたらすという研究結果があります。

研究によると、社会的なつながりを深めることは、身体的、精神的、認知的に大きなメリットがあり、他のよく知られた要因よりもさらに重要な長寿の要因となる可能性があります。

ここでは、人付き合いをめぐる科学について見てみましょう。

社交性の利点

人付き合いは、年齢を重ねても精神的な敏捷性を維持できるかどうかの分かれ目となります。ノースウェスタン大学では、「スーパーエイジャー」と呼ばれる珍しいグループを研究しています。彼らは、過去の出来事を思い出したり、単語のリストを思い出したりする記憶力テストで、同年代の他の成人と比べて明らかに良い結果を出しています。PLOS One誌に掲載された報告書によると、スーパーエイジャーを対象とした最近の研究では、彼らが認知的に平均的な人々と異なるのは、肯定的な社会的関係のレベルがはるかに高いことであることがわかりました。著者らは、ポジティブな社会的関係が、優れた認知的加齢の重要な要因である可能性があると結論づけています。

ブリガム・ヤング大学の心理学・神経科学教授であるJulianne Holt-Lunstad博士による画期的な研究は、被験者の社会参加、サポートの認識、人間関係の満足度を測定した世界中のデータを分析し、社会的なつながりの度合いが死亡率を予測するかどうかを調べたものです。約30万9,000人を対象に、平均7.5年間の追跡調査を行いました。

その結果、以下のことがわかりました。社会的関係が十分な人は、社会的関係が乏しい、あるいは不十分な人に比べて、なんと50%も生存率が高かったのです。社会的つながりの効果は、禁煙に匹敵するものだったのです。実際、大気汚染、肥満、過度のアルコール摂取(1日6杯以上)、運動不足など、よく知られている死亡リスク要因の多くを上回る効果があったと、PLOS One誌に報告されています。

「私の研究では、健康のためにできる最善のことは、人間関係を育むことだと考えています」と、ホルト-ルンスタッドは最近のTEDトークで語っています。「友人や家族との親密な関係があれば、タバコを吸っても、運動をやめても、命を救う治療を放棄してもいいと主張しているわけではありませんし、これらのことを気にするのをやめようと言っているわけでもありません。また、これらのことを気にするのをやめようとも思っています。これらのことは、あなたが死ぬリスクを大幅に増加させます。むしろ、私が主張しているのは、健康のためには、これらのことと同じように社会的関係を真剣に考える必要があるということです。」

長寿における楽観主義の役割を理解するには、MDLinxのThe one thing that can help you live longerをお読みください。

孤独の弊害

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り830文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師