認知症の経済的負担から考えると、予防は重要課題。同時に、安心して共生するために大切なものは…

  • 作成:2022/01/08

最近、アメリカで新しいアルツハイマー型認知症治療薬が承認されました。この薬は、アルツハイマー病の原因であるアミロイドというタンパク質を除去すると言われています。ただ、この新しい治療薬の効果には未知の部分もあって、発売後も継続して研究が続けられます。今後、日本での使用が期待されていますが、同時に、その費用が非常に高額であると議論になっています。今回は、認知症の経済的な問題と、認知症予防についてお話します。

この記事の目安時間は3分です

認知症の経済的負担から考えると、予防は重要課題。同時に、安心して共生するために大切なものは…

長寿社会が進むほど増える経済的負担

認知症の人に対する医療や介護にかかる費用、あるいは、介護者が仕事を続けられなくなることに及ぼされる費用は、決して少なくありません。最近の研究では、認知症の人1人あたり年間200万~300万円かかると言われています※1

少し古い研究ですが、関東近辺の在宅介護中のアルツハイマー型認知症の本人と、その介護者への聞き取り調査があります※2認知症に関連した経済被害(契約トラブルや、貴重品の紛失など)は、約60%の家庭で生じていて、平均被害額は171万円でした。また、家族が介護のための離職や転居などにかかった機会損失は76%に生じていて、平均損失額は497万円でした。
このように認知症の人や家庭には、非常に高額な経済的負担がかかります。この研究では、専門医による認知症の診断があると、被害の件数や被害額が減っていたことも指摘されています。

残念ながら、長寿社会が進むほど、お金がかかります。長寿になると認知症のリスクが上がり、認知症の人や家族には、さらに経済的な負担がかかります。経済的負担を下げるという視点からは、認知症予防の重要性は高いといえます。

若いうちから心がけたい認知症の予防

では、どうすれば、認知症は予防できるのでしょうか。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1938文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師