健康的だと思っていた習慣がもたらす負の側面「運動依存症」

  • 作成:2021/10/26

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事では、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年1月13日に掲載された記事「This “healthy” habit can ruin your health」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は3分です

健康的だと思っていた習慣がもたらす負の側面「運動依存症」

ここ数十年の間に、多くの人が運動をするようになりました。運動は、認知機能の向上をはじめとする多くの健康上の利点と関連しているので、このような動きは素晴らしいニュースです。しかし、運動に時間をかけすぎると、「運動依存症」という負の側面も出てきます。

運動は一般的に健康的な習慣と考えられていますが、一部の人にとっては、摂食障害と類似した中毒性のある行動であるという研究結果があります。

Addiction Behavior Reports誌に掲載された研究では、フィットネスセンターでの運動がますます人気を集めていることを指摘し、こうした環境では運動依存症が社会的に認められているのではないかと疑問を投げかけています。ジムやヘルスクラブは、善意で設立されたにもかかわらず、定期的な運動を手軽に行うことができ、フィットネスを促進するための訓練を受けたインストラクターを雇い、顧客の身体的限界にまで追い込むことができるため、運動依存症を永続させる可能性があると著者らは書いています。

運動依存症とは、過剰で強迫的な運動パターンを意味し、怪我や過負荷につながる可能性があります。Journal of Behavioral Addictions誌に掲載された別の研究によると、運動依存症の有病率は、世界中の成人運動者の間で3%から9%とされています。

ここでは、運動依存症について、エビデンスに基づいてご紹介します。

運動依存症の定義

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2241文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師