たんぱく質不足が健康に及ぼす影響は? 低たんぱく血症を示す5つの兆候と症状

  • 作成:2021/11/02

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事では、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年1月8日に掲載された記事「5 signs you aren’t getting enough protein」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は3分です

たんぱく質不足が健康に及ぼす影響は? 低たんぱく血症を示す5つの兆候と症状

体内のたんぱく質の存在は一瞬です。生理的にたんぱく質を蓄えておく方法はありません。人は最低でも、摂取カロリーの約10%をたんぱく質から摂取する必要があります。たんぱく質は、七面鳥の胸肉、ヨーグルト、黒豆など、さまざまなものから摂取する必要があります。

たんぱく質が不足すると、健康や免疫力に深刻な影響を及ぼすという研究結果があります。

たんぱく質は、皮膚、骨、筋肉、内臓などの健康な組織の機能に必要であるため、たんぱく質が不足すると、その影響は全身に及びます。

ここでは、低たんぱく血症を示す5つの兆候と症状を紹介します。

むくみ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2129文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師