そのダイエット、本当に必要? 事前に確認してほしい「健康的なダイエットの基本」5つ

  • 作成:2021/09/24

飽食といわれる現代、肥満やメタボリックシンドロームなどでダイエットが必要な人がいる反面、不健康な痩せが問題になっています。ダイエットは年々低年齢化するとともに、女性に多かった痩せ願望でのダイエットが男性にも増えています。しかし、自己流のダイエットは危険なこともありますので、正しい知識を持って取り組みたいものです。

この記事の目安時間は3分です

そのダイエット、本当に必要? 事前に確認してほしい「健康的なダイエットの基本」5つ

ダイエットが必要か確認する

ある調査※によると、「他人から容姿について何かいわれた」「他人がダイエットに挑戦していると聞いて」「憧れの人のようになりたい」などがダイエットの動機として多くあげられています。どれもが他人との比較で、自分の体型について顧みていない傾向があります。ダイエットを考えたら一拍おいて、今現在、ダイエットが必要かどうか調べることから始めてください。

その目安となるのが下表のBMIです。
BMIの算出方法は、【体重(kg)÷身長(m)の2乗】。
たとえば、身長160㎝で体重55kgのAさんと、身長150㎝で体重60kgのBさんがいたとします。
Aさんは、55÷(1.6×1.6)=21.49(四捨五入)
Bさんは、60÷(1.5×1.5)=26.67(四捨五入)
結果、Aさんは太っていないのでダイエットの必要はなし。Bさんは太り気味なのでダイエットが必要となるわけです。

※「青年期女子のダイエット経験と食意識の関連」より

そのダイエット、本当に必要? 事前に確認してほしい「健康的なダイエットの基本」5つ

いきすぎたダイエットが起こす摂食障害

色々な方法が紹介されているダイエットですが、稀にダイエットを行う中で摂食障害を起こす人がいます。体重や体型の捉え方から心と体の両面に影響が及び、食事量や食べ方などに異常が現れるのです。摂食障害で病院を受診する人は1年で21万人、病院にかからない潜在患者も多数いるとされています。全体の90%は女性ですが、誰もがかかる可能性のある病気です。
代表的なものとして神経性過食症・過食性障害、神経性痩せ症があり、自分ではコントロールできずに食べすぎる、食べ物を前にしても食べられないなどの症状があります。一般的に、次のような症状が現れたら要注意です。自分ではわかりにくいこともあるので、家族や友人が注意して見ることも必要かもしれません。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1446文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師